しまなみ海道 エメリヤーエンコ・ヒョードー ブログ

東京からしまなみ海道の大島に移住しました

reversalの福袋を開けてみた

■今年の目標

今年の目標として、ダイエットを掲げています。 www.wwwhyodo.com

 

が、今年50歳になろうとする中年男性の目標がダイエットだけというのは、あまりにもショボい。

もちろん地域おこし協力隊としての活動や目標はあるし、<キックフィットネス&グラップリング>も継続して出来るようにしたいと思っていますが。

ところで去年は、引っ越しやらそれに伴う買い物、キックフィットネスの備品など散財したのですが、通帳を見たらどえらい支出が多いではありませんか。

GIANTのロードバイクなんて、調子に乗って買っている場合ではなかったのです。

全く後悔はしていませんが。

www.wwwhyodo.com

 

ということで、今年は貯金も目標にしたいと考えているのです。

ここは思い切って「1年で150万円!」と言いたいところですが、協力隊の給料では到底厳しいので、100万円ではどうでしょうか。

無理か。

いや、やってやりましょう。

ダイエットにより食費も下がり、貯金もできて最高ではないですか。

あと2年ちょいで、協力隊は卒業となり、今の部屋も出なくてはならないのです。

協力隊の3年間は、この凄まじい不安との闘いとも言えるのです。

なので、今年と来年のテーマは貯金です、貯金。

やってやろうじゃありませんか、100万円

きっと未来の私は、今年の私に感涙することでしょう。

元来のケチに拍車をかけて、ケチ臭を撒き散らしてやろうじゃありませんか。

 

■福袋買ってみた

ところで、貯金をするとなると余計な物は買ってはいけません。

基本夜なんかは暇なので、スマホをいじっているとついついポチポチとAmazonなんかで買い物をしてしまうのですが、これも厳禁です。

兄さん、買い物するときは、どうやら本当に必要かどうかを考えて、必要でなければ買ってはいけないみたいですぜ。

「この服、超格好いいぜ!」

って、買うのはNG。

その最たるものが、”福袋”というやつです。

何が入っているか分からないものにお金を払うなんて言語道断です。

が、何が入っているか分からないからこそ、楽しみでもあるのですよ。

ということで、昨年の11月くらいに思わず注文してしまった格闘技ウェアで有名なreversalの福袋が先日届いたので、中身を紹介したいと思います。

最近、流行りの「〇〇買ってみた!」ですね(古い?)。

 

”reversal”というのは、格闘技ウェアのブランドなのですが、なかなか格好いい服が多いのですよ。

が、高い。

すごく高い訳ではないのですが、そこそこ高い

で、福袋です。

給料がその辺の初任給より遥かに低い私の為にあるような福の詰まった袋です(もちろん協力隊のお給与はありがたいです)。

なんと謳い文句は「およそ50,000円分の内容で10,800円」と書いてあったのです。

なんと8割引きですよ、8割引き!

アニキ超安いっす!

むしろ買わない方が損じゃありませんか!

本来ギトギトの大阪人でドケチの私は、思考停止状態でヨダレを垂らしながら、気づけばポチッと購入ボタンを押していました。

 

で、11月くらいに購入予約をして、届くのは1月の正月明け。

これくらい期間が開いた方が、楽しみがあって良いですね。

そもそも何が入っているか分からないので、急いで欲しい物ではないので。

 

■開けてみた!

ということで、確か1月の5日くらいに届いたと思います。

■こんな感じで届きました。
この袋は、現在買い物袋として活躍しています。

f:id:enko_hyodo:20210121141632j:plain

何といっても10,000円で50,000円分入っているのです。

「オレは5倍もお得な物を買ってしまったぜ~♪」
と、あまりのお得感にワクワクが止まりません。

高揚感のあまり気が遠くなるところを奥歯で頬の内側を血が出るまで噛んで、深呼吸を繰り返して正気を保ちつつ チャックを開けました。

果たして中身はー。

 ■まず出てきたのは、これ。

f:id:enko_hyodo:20210121141846j:plain

むぅ。

何と安直にもほどがある、お馴染みのただのロゴマークTシャツ

薄っすらと何やら白い模様が入ってはいますが…。

まぁ仕方ありません。

胸にでかでかとreversalと書かれたこのTシャツを着て、島を練り歩いて宣伝してやろうではありませんか。

 ■もう一枚、Tシャツがありました。

f:id:enko_hyodo:20210121142152j:plain

なんということか。

こともあろうにほぼ同じデザインのTシャツがのうのうと入っていたではありませんか。

一体全体、どういう了見か。

 

A「アイツ、いつも同じマークのTシャツ着てるわね」

B「どんだけあのマークを気に入ってるのよ!」

A「キモイわねー」

B「昨日は、あれの黒Tシャツを着てたわよ」

A「え? 私、あのマークのバックで買い物しているのを見たわよ!」

B「ヤダ! 超キモイ!」

 

・・・。

仕方ないです。

何が入っているか分からないので、こういうこともあるでしょう。

気を取り直して、次に行きましょう!

ゴーゴー!

■黄色のドライメッシュTシャツ。

f:id:enko_hyodo:20210121143615j:plain

き、黄色ですか…。

しかしまぁ、それは良いとしても取ってつけたような「TOKYO」の文字が、何とも格好良くないです。

東京を捨てて愛媛にやって来た私への意趣返しなのでしょうか。

そして、またもやロゴマーク

次!

 ■!!

f:id:enko_hyodo:20210121144042j:plain

ヤ、ヤロウ、セットだったのかよ。

50歳のうらぶれた中年男性に黄色のドライメッシュのセットアップを着ろというのか。

これではまるで米寿を迎えたおじいさんではないか。

今年初の舌打ちを連打しながら黄色をその辺に放り、次のを出します。

■ナイロン生地。

f:id:enko_hyodo:20210121144333j:plain

ナイロン生地の長袖でした。

この雰囲気に勘の良い私は慌てて袋に手を突っ込んで次のを出しました。

■やっぱりいやがった!!

f:id:enko_hyodo:20210121144554j:plain

やっぱりセットアップでした。

思った通りじゃないすか!

しかしこのテラテラのナイロン生地のセットアップを私はどういうシチュエーションで着れば良いのでしょうか。

しかもグレーですか。
せめて黒なら着やすいかもしれないのに。

 

怒りの舌打ちが、諦めの溜息に変わります。

ハァ。
何ですかこれ。
完全にハズレじゃないですか。

絶望の溜息を何度も吐き出しながら最後の品を取り出します。

■・・・マスクでした。
ありがとう、これでコロナも乗り越えられますね。

f:id:enko_hyodo:20210121144926j:plain

 

ふぅ。

以上でした。

本当に50,000円相当なのでしょうか。

デザイン的にもまったく凝った物ではありません。

売れ残りというよりも福袋用に適当なデザインで作った物ではないかとも邪推してしまいます。

いや、もちろん価値観は人それぞれですので、この内容を見て、来年reversalの福袋を購入する人もいることでしょう。

私は決してreversalの悪口を言いたいのではありません。

ただ残念だった、ということです。

 

しかしね奥さん。
私はこれで踏ん切りがつきましたよ。

もう余計な物は買いません。

今年は3~4kg痩せて、100万円貯めてやろうじゃありませんか。

 

・・・なんて楽しくなさそうな一年でしょうか。

 

ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね

 
地域おこし協力隊ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

 

謹賀新年 ーダイエットと反面教師についてー

■謹賀新年

あけましておめでとうございます。

去年の今頃はまだ東京にいて、地域おこし協力隊の最終面接前だったことを思うとすごく時間が経ったような気がします。

今治の大島に来て9ヶ月が経ちました。

島に来て運動量が激減し、もりもりご飯を食べていたらブヨブヨのお腹になってしまいました。

 

■ 半年で3kgの大増量を告白

www.wwwhyodo.com

 ■ダイエット途中経過

www.wwwhyodo.com

 

■告白

これまで、”3kg増”と言い続けてきましたが、ここは正直に告白したいと思います。

なんとですね。
本当はね、4kgもの大増量だったのです。

どうりで、グラップリングの練習でお腹がつっかえて動きづらかった訳です。

「で、アンタ一体何kgまで太ったのよ!」
と思った方も2人くらいは居るかもしれませんので、更に告白したいと思います。

なんとですね。
私ですね。
なんと驚異の79kgという、人生最高値の凄まじい体重となってしまったのです。

あぁ、言ってしまった。
79kgだなんて・・・。
恥ずかしいにも程があります。

しかし、恥を忍んで告白したのはですね。

「もう79kgには戻らない」
という固い決意の表れなのです。

そして私は昨年、”75kgまで落とす”という正気の沙汰とは思えない凄まじい目標を立てたのです。

------------

・夜は炭水化物を摂らない

・朝と昼とで、白米は一合まで

・毎食、野菜を食べる

・揚げ物は極力食べない

・タンパク質をしっかり摂る

・ビールはやめずに飲み続ける

------------

というクレイジーなプランを立てて実行しました。

更に<大島キックフィットネス&グラップリング>で週に1~3回は運動を行いました。

 

■ダイエット記録

ということで、3ヶ月に及ぶ私の血の滲むようなダイエットの記録を公開します。

果たしてー。

■なんとダイエットを始めたころの10/13に驚異の79.3kgをマーク。
そのまま卒倒して、気づいたら朝でした。

f:id:enko_hyodo:20210105140619p:plain

 

■そしてクリスマスを前に74.2kgを記録!
素敵なクリスマスプレゼントを貰い、クリスマスは一人で乾杯しましたよ。

f:id:enko_hyodo:20210105140929p:plain

どうでしょうか。

なんと5.1kgもの減量に成功したではありませんか。

ダイエットを志している皆様、酒は飲み続けても痩せれますよ。

 

■正月明け。
おぞましいことに1.5kgリバウンドしてやりましたぜ。
おかあさーん!!

f:id:enko_hyodo:20210105141536p:plain

 

ふう。

まだまだダイエットの日々は続きます。

っていうか、ちょっとダイエットを中断したらあっという間にリバウンドするのなら、私は今後永遠にダイエットを続けなければならないことになるではありませんか。

なんと恐ろしいのでしょう。

 

■湘南魂世界ヘビー級王者

ところで、なぜ私が3ヶ月で5kgもダイエットを頑張れたのかというとですね。

もちろん
「キックフィットネスのインストラクターがデブだととっても残念」
というのが大前提にあるのですが、実は私には素晴らしい反面教師がいるのです。

“湘南魂世界ヘビー級王者”長渕宮川という男です。

■格闘技イベント”湘南魂”で、名曲”とんぼ”を歌いながら颯爽と入場する長渕宮川チャンピオン。

f:id:enko_hyodo:20210105142914j:plain

 

この長渕宮川という男は、幸楽苑でラーメンセットを食べた後、
「クソッ! 物足りない!」
と叫んで、マクドナルドに駆け込むような豪快な男なのですが、グラバカジムに通って運動しているにもかかわらず、みるみる太っていき、なんと最高値88kgをたたき出したのです(ヒョードー調べ)。

グラバカジムに通うと痩せるどころか、ぶくぶくと太ってしまうそうよ」
という噂が東中野近辺に流れ、凄まじい営業妨害をした長渕宮川氏。
写真は、面白い顔を要求したらとてつもなく面白くない顔をした長渕宮川氏。

f:id:enko_hyodo:20210105175847j:plain


「このままでは、私も長渕宮川氏のようなボディになってしまう」
という恐怖で、私は元の体重に戻ることが出来たのです。

ありがとう長渕宮川さん。

■2013年に開催された、長渕宮川氏が冠の忘年会“長渕宮川ボンバイエ”の一コマ。
「やめてください!!」
という私の制止も聞かず、居酒屋で腹踊りをゴキゲンで踊る長渕宮川氏。

f:id:enko_hyodo:20210105143250j:plain

パンクラス元王者KEI山宮氏にも得意の腹踊りを披露する長渕宮川氏。
私はKEI山宮氏のこのような悲しい顔は見たことがありません。

f:id:enko_hyodo:20210105143350j:plain

どうでしょう。
完璧な反面教師ではありませんか。

「このままでは、私も長渕宮川氏のようなボディになってしまう」
という恐怖で、私は元の体重に戻ることが出来たのです。

長渕宮川氏は、愛媛と東京でおよそ800kmも離れている私にこのような凄まじい恐怖を与え続けてくれたのです。

彼が居る限り私は80kg以上の体重になることはないでしょう。

ありがとう長渕宮川さん。

 

■目標

ということで、がっつりとリバウンドしてしまいましたので、引き続きダイエットに励みたいと思います。

目標:72Kg

道は遠いです。

 

今年もよろしくお願いします。

 

ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね

 
地域おこし協力隊ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

 

ツムラのくすり湯という入浴剤について

■ゴーゴー

”55”

 この数字を聞いて、貴兄は何の数字か分かるでしょうか。

「本当の歳!」
「肌年齢!」

などと思った方が8割くらいでしょうか。

ヤダ! バレてる!

 

ではなくてですね。

何と恐ろしいことに私が現在風呂に湯を張る温度なのです。

 

■給湯中

f:id:enko_hyodo:20201223213452j:plain

 「とうとう狂ったか」
と思う方が5割、
「いやもともと狂ってるよ」
という人が5割といったところでしょうか。

もちろん多少頭はおかしいのですが、狂った訳でも一人熱湯風呂大会を開催して、
「押すなよ! 押すなよ!」
とかキャッキャッとはしゃいでいる訳でもありません。

 

現在、私は地域おこし協力隊ということをしてまして、今治市が用意してくれた部屋に住まわせていただいているのですがね。

残念なことに風呂に追い炊き機能がないのですよ。

でね、この住んでいる部屋ですがね、すきま風が入る訳でもないのに何だかですね、妙に寒いのですよ。

その為、例えば42℃くらいの設定でお湯を風呂に入れると、お湯を湯舟に入れている間にどんどん冷めてぬるま湯になってしまうのです。

あと、お湯を張る前の湯舟が冷え切っているのも原因のひとつでしょう。

ということで、ガス代そっちのけで55℃なる、とてもまっとうな人間が入るとは思えない温度で湯を張る羽目になっているのです。

当然、脱衣場も冷えっ冷えなので、暖房が効いた部屋で服を脱ぎ、ダッシュで風呂に入ります。

このまま1ヵ月くらいブログが更新されなかったら、私はヒートショックで死んだと思ってくださいね。

そして、湯舟で温まろうとして長湯をするのですが、その間にもグイグイ湯は冷めていきます。

長く湯に浸かって温まりたいのに、長く浸かれば浸かるほど湯はぬるくなり体は冷めていくという悪循環に陥るのです。

ああ、追い炊きが恋しい

クリスマスプレゼントに誰か私に追い炊きをくれまいか。

が、さすがにサンタさんも追い炊きはくれないと思うので、かようなものを買ってみました。

 

■入浴剤

ツムラのくすり湯 バスハーブ

Amazonで買ったのですが、なんと¥2,709円ですって。

高い。

あまりにも高い。

入浴剤の値段はよく知りませんがせいぜい¥1,000~1,500くらいじゃないのでしょうか。

が、背に腹は代えられません。

いかにもこの温まりそうな生薬エキス100%のくすり湯を使って温まらないときっとこの冬は風邪を引いてしまいます。

もう私を温めてくれるのはツムラだけなのです。

 

ということで、届きました。

なんとあろうことか、開封前から仄かに漢方臭が漂っているではありませんか。

この只ならぬ効きそうな気配に胸が躍ります。

■生薬感をアップする鈍い緑色のボディーが激シブですね。

f:id:enko_hyodo:20201223211059j:plain

さっそく分量通り湯舟に投入し、服を脱いで風呂に小走りで向かいました。

風呂の扉を開けたらもうね、漢方臭がもわんもわんしています。

で、結果。

ブログ的には、
「まったく温もらなかったぜ、このヤロウ!」
って言う方が面白いのですがね。

なんと風呂上りも結構ポカポカと温かく、なかなか体が冷えませんでした。

なんと素晴らしい。

これで、何とかこの冬は乗り越えられそうです。

問題は、自分では気づかないのですが、恐らく私の体からむせ返るような漢方臭が漂っているということでしょう。

私とすれ違った人からは、この枯れたような只ならぬ漢方臭に
「あの人は死期が近いのでは・・・」
と心配されそうですが、恐らくまだ死なないので安心してください。

ただ、体から漢方臭を放つ中年男性と、はたして皆さん仲良くしてくれるでしょうか。

私なら遠慮したいところですが、仕方ありません。

きっと人は何かを得れば、何かを失うのでしょう。

ツムラ万歳。

 

そしてですね。
Amazonのレビューを読むとなんと驚いたことに
「この入浴剤を使い始めたら、白髪が減って黒髪になってきた」
なんて胸がトキメく投稿があるではありませんか。

何ということか。
真意の程は定かではありませんが、50歳を前にしてめっきり増えてきた白髪もやっつけられるかもしれない、と思うと嬉しくて外に走り出してしまいそうです。

いや、もう我慢できません。
ちょっと走ってきます。

 

■部屋について

ちなみにこの部屋ですが、冬は冷えますが、それ以外はまぁ普通の部屋です。

島の方からは、
「よく部屋にムカデが出る」
と聞きますが、今のところ私の部屋にそのような恐ろしいバケモノは出現したことはありません。

ただ、たまにアシダカグモは出現します。

このバカデカい蜘蛛は、Gなどの害虫を捕食してくれるそうですが、アシダカグモ自体が私の恐怖の対象なので、もちろん見つけ次第奇声を上げてやっつけています。

「蜘蛛は益虫で、人に近づいてこない」
とアドバイスをいただくこともありますが、蜘蛛にもきっと好戦的な奴もいるでしょう。

ましてや、これまで私に家族を屠られ、私を怨んでいるアシダカグモもいる筈です。

そんな奴らに寝込みを襲われたら発狂してしまいますので、見つけたらとにかくやっつけます。

とはいえ、デカくてビビりますが、Gやムカデのような破壊力はないので、まぁ何とかやっていけています。

それ以外は、まぁもろもろ古くはなっていますが、問題なく暮らせています。

ありがたいことです。

ただ、任期後はこの部屋を出ないといけません。

次住む家は必ず追い炊きを付けて、断熱効果のある壁にしたいと思います。

大島で景色の良い、ステキな空き家や宅地があったら是非私までご一報を(懇願)。

 

ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね

 
地域おこし協力隊ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

 

家庭菜園 -青梗菜とのあれこれー

■蝸牛の恐怖

前回、畑のことを書いてから気づいたら1ヵ月も経ってしまいました。

そもそもブログ自体、ロクに更新していませんが。
むぅ…。

で、1ヵ月経ったのですが、実は畑はあまり変わっていません

青梗菜があっという間に育ったので、他の野菜も早いのかなぁと思ったのですが、何だかイマイチなんですよね。

畑もセカンドシーズンとなって、ちょっと慣れてきて、あまり私の気合が入っていないってのもあるかもしれません。
っていうか、何ですか畑のセカンドシーズンって。
ダサい。

 

前回、青梗菜の中から悪魔のような不気味な触覚を持った蝸牛のヤロウが出てきて、確実に寿命が3日は縮んでしました。

 ■蝸牛との出会い

www.wwwhyodo.com

が。

人生50年近くも生きてきて、たかだか腹足鋼の軟体動物門如きにビビッてなんかいられません。

実際、戦ったら蝸牛ヤロウが1,000匹向かってきたところで、体力的には勝つのはこっちなのです。

島に来てマルマルと肥え太った私が、何故でんでんむし如きに恐れ戦かなくてはならないのでしょうか。

 

えー、なぜ私がかように強気なのかと言いますとですね。

窮鼠猫を噛むと言いますか火事場のバカ力と言いますか、追いつめられると私はなりふり構わず突っ込んでいく癖があるのです。

夏は、ブチギレてヤケクソになりカメムシを指で潰しまくり、結果指先にカメムシの呪いをかけられるという地獄を味わったことも記憶に新しいところです。
■私のひと夏の思い出をぜひとも読み返してください。 

www.wwwhyodo.com

■蝸牛との対決

で、前回、台所に蝸牛が出現するという卒倒しそうな出来事があったのですがね。

これが外であれば、私も強気で攻めることができます。

そう。

その日私は、畑で呑気にウロついている蝸牛ヤロウを発見したのです。

このままだとまた青梗菜の中に入り込まれて、蝸牛IN台所のリプレイとなるだけです。

それだけは避けたい。

目を瞑り、ひとつ深く呼吸をします。

大丈夫。
落ち着け。
ヤロウは凄まじくノロい。

・・・そんなにノロくては、せっかくの殻も役立たずではないのか。
いったい、何のための殻か。
この子はいざとなったら俊敏に殻に閉じこもり、その身を守ることができるのか。
そんなことでこの弱肉強食の世界でサバイブできるのか。
何やってんのよ蝸牛!

・・・。
いかん、なんということか。
気づいたら蝸牛の心配をしているではないか。
私はいったい何をしているのか。

もう一度、蝸牛IN台所の恐怖を思い出します。

怒りは恐怖を上回ります

私はゆっくりと右足を上げ、鼻歌を歌いながら我が野菜ちゃん達を物色している蝸牛を踏みつけました。
それだけでは飽き足らず、踵を上げつま先でグリグリと捩じり潰してやったのです。

当然、土と混ざり蝸牛は跡形もなく消え去りました。

惨い。
分かっています。
ヒョードーはなんて酷い男だと思った方もいるでしょう。
どうか私を見かけた際は、蔑みながら唾を吐きかけてください。

でもね。
殆どの方が、部屋にGが出たら殺虫剤とかでやっつけるでしょう?

同じことなのですよ。

前回も書きましたが、これは戦いいや闘いなのです。
私の大事な野菜ちゃん達を守る闘いなのです。

ならば負ける訳にはいかないでしょう。

私は、蝸牛に負ける為に東京から大島に来た訳ではありませんからね。

 

■青梗菜を再収穫

とりあえず、ひとつの脅威をやっつけたことで、改めて青梗菜を収穫しました。

よもや二回続けて、青梗菜の中に蝸牛が居るなんてことはないでしょう。

とはいえ、二度あることは三度あるといいます。

前回は不意打ちで蝸牛が居たので卒倒してしまいましたが、今回はそういう事もあり得ると身構えている状態です。

備えあれば患いなしです。

収穫した青梗菜を家に持ち帰り、震える指先で青梗菜を千切っていきます。

一枚。

二枚。

三枚。

四枚・・・。

・・・。

・・・なんだ大丈夫じゃん。

そりゃそうですよ。

そんなバッド・サプライズがそうそう起こる筈がありません。

「やれやれ」
とひとりごちながら軽やかに青梗菜の葉っぱを千切っていきます。

その時。

青梗菜の硬い茎の感触とは明らかに違う何とも言えない柔らかな優しい感触が指先に伝わりました。

「ん?」

柔らかな平和な感触に7割の安心と3割の違和感を感じ、その感触の正体をのぞき込みます。

その瞬間、
「ギャアァァァーーーーーッ!!!」
と叫んで、前回に続いてまたもや2メートルほど飛びのきました。

あのね、奥さん。
聞いてくださいよ。

今度はね、青虫のヤロウが居やがったのですよ。

ア・オ・ム・シ!!

しかもガッツリ触っちゃったじゃない!
ヤダもう!

■こんな奴でした。
長さは3cm強といったところでしょうか。
数週間経った今でもその感触を思い出すことが出来ます。

f:id:enko_hyodo:20201207215727p:plain

 

■敗北

それにしても私の引きの強さよ。

私は知らず知らずのうちに蟲どもを魅了するフェロモンを醸し出しているのでしょうか。

まぁ、私が蟲フェロモン人間かどうかは、さて置きですね。

この青虫ヤロウの出現にすっかり心が折れてしまいました。

1分前に格好つけて
「これは闘いなのです!」 
などと息巻いていたことが10年も前のことのようです。

もうムリ。

いや、それでもその青梗菜の青虫が居なかったところは、食べましたよ。

でもね、青虫や蝸牛のイメージがチラついて、なんだかもう美味しく感じなくなってしまったのです。

それ以降、残念ながら収穫していない残った青梗菜は畑で放置されています。

スマン、青梗菜。
君は悪くないのだよ。

悪いとすれば、蟲共弱い私の心なのです。

 

そんな、畑に放置されせっかく立派に育ったのに決して食されることのない青梗菜は、今は呑気に黄色い花を咲かせて、私の心を慰めてくれています。

■余生を楽しむ青梗菜。

f:id:enko_hyodo:20201207161328j:plain

 ではまた。

 

ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね

 
地域おこし協力隊ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

 

大島キックフィットネス&グラップリング本格始動です

 ■2ヵ月経ちました

巨額を投じてスタートした<大島キックフィットネス>ですが、早いもので2ヵ月も経ちました。

え?
何それ?
って方はこちらをどうぞ。

カテゴリー”大島キックフィットネス”でも見れまーす。

www.wwwhyodo.com

先日は、伯方児童館さんからご依頼をいただいて、小学校の体育館でもキックフィットネスを開催しました。

30~40分の短い時間でしたが、シャドーボクシングやミット打ちまで行いました。

終わった後に低学年の女の子が、
「いや~、ストレス解消になったぁ~」
と、まさかの発言。

いったい彼女はどのようなストレスを抱えて生きているのか気になります。

まぁ、小学生もいろいろと大変なのですね。

■見知らぬ中年男性の話を大人しく聴く島キッズ達。

f:id:enko_hyodo:20201130134837j:plain

■基本の打ち方。

f:id:enko_hyodo:20201130134934j:plain

■ミットもがんばりました。

f:id:enko_hyodo:20201130134959j:plain

 

■ダイエットの経過報告

ということで、児童館のイベントだけでなく何とか毎週木曜日の夜と隔週土曜日の昼に開催を続けてきました。

開始当時からの大きな問題のひとつ、私のデブ問題について話しましょう。

上記の記事にも書きましたが、なんと私、島に来て3kgもの大増量をしてしまいました。

およそ半年で3kg

このペースで行ったら協力隊の任期を終える3年後には、18kgも増量してしまう計算になります。

3年後に協力隊ではなくなり、何もしなければ無職になる我が身を顧みると、ブヨブヨに太った男がもともと何の所縁もない土地で逞しく生きていけるとは到底思えません。

ということは、これはキックのインストラクターという立場だけでなく、私の人生をかけたダイエットなのです。

 

というのはもちろん格好つけただけで、実際はのんびりダイエットをしています。

それにしてもなかなか痩せないものですね。

心のどこかで、
「本気になれば痩せられる」
と根拠もなく思っていたのですが、これがまた奥さんあのね、本当になかなか痩せないのですよ。

痩せた!
と思った翌日にはまた体重が戻っていたり、何なのでしょうね。

基本、毎日ほぼ同じ時間帯に計っているのに。

とはいえ、ダイエットを始めておよそ2.5kg痩せましたよ、先輩。

今年の目標が、島に来た時の体重である-3kgだったので、もうすぐ目標達成です。

きっと正月太りするでしょうから、何とか今年中に-5kgを達成したいものです。

そもそもダイエットって・・・。

 

・・・。

何の話でしたっけ?

え?
キックフィットネス?

 

・・・・・・。

そうでしたっけ?

 

■本格始動ぅぅぅ!

ということで、遂に12月から本格始動です。

 

幸いいつも10名以上の方が参加していただけました。
なんと多いときは20名以上も来ていただけました。

ありがたいです。

 

正直、思っていたよりも多く方に参加していただき、本当に嬉しいです。

が、これからが本番です。

10月と11月はお試し期間だったので、どなたでも1回100円で参加していただいていました。

とはいえ、28~29万円ほどの先行投資をしているので、このまま100円で続けていると私が老いて人生を全うするまでペイすることはできないので、ちょっとだけ値上げします。

なので先輩、12月からの内容はこんな感じっす。

-----------------------------------------

①誰でも参加OKではなく、入会制(申込書や規約にサイン)となります。
 ※入会金は無料です。
 ※スポーツ安全保険の加入をお願いしています

②料金
 中学生以下300円/回
 高校生以上500円/回
 ※家族割あり

③場所の変更
 冷暖房あり!

④曜日の追加
 これまでの木曜日夜・隔週土曜日昼に加えて火曜日夜も行います

グラップリングクラス開始
 ※火曜日・木曜日18:00~スタート(キックは19:10~です)

-----------------------------------------

ギャーーーッ!

料金が上がって、曜日が増えて、なんとグラップリングもするの!?
バカなの!?
大丈夫なの!?
みんな来てくれるの!?
分かりません!!
おっかなくて卒倒しそう!
ヤダもう!

 

ふぅ・・・。
取り乱してしまいました。

とにかく、いろいろ変更点があって気が遠くなりそうです。

料金に関しては、本当は月4,000円とかで考えていたのですが、もろもろありまして1回500円としました。

しばらくこの料金でいきたいと思います。

「ちょっとだけって、アンタ5倍も上がってるじゃない!」

「す、すみません。100円はお試し価格だったので・・・ゴニョゴニョ・・・」

 

そして、一番の懸念点であった場所問題

これまで市の体育館を使用させていただいていたのですが、これから真冬がやってきます。

極寒の夜にコロナ対策で窓全開の暖房のないだだっ広い体育館はあまりにもヤバい。

ヤバいを超えてギャバいです。

誰が好きこのんで、お金を払ってそのような過酷な場所で運動をしたいでしょうか。

私なら金を貰ってもイヤです。

ですが、いろいろな方に協力していただき、暖房のある開催場所を使わせていただけることとなりました。

多謝多謝。

 

そして、曜日の追加も嬉しいのですが、なんと思い切ってグラップリングクラスも開催することにしました。

イエーイ!

 

が、これはまったくの未知数です。

グラップリング
なんて言葉自体、ほとんどの方が知らないと思います。

奥さん、知ってます?
グラップリング

え?
カップリング?
それはお見合いパーティー的なやつです。
じゃあ知らない?
ですよね。
え? ちょっと、怒らないでくださいよ!
すみませんでした!
カップリングもグラップリングも同じようなものです!(違う)

失礼しました。

えとですね。
グラップリングは、レスリング+サブミッション(関節技・締め技)という打撃のない格闘技って感じでしょうか。
ですが、相手をタックルで倒さなくても自ら引き込んで座ってもOKです。

え?
何言ってるか分からない?

あ、そう。

 

かような未知の競技に誰か参加してくれるでしょうか。

誰もグラップリングに参加してくれなかった場合、私は週に2回も黙々と一人打ち込みをする地獄の一時間を過ごすことになるのです。

あぁ恐ろしい。

グラップリングは最初はとっつきにくくて分かりづらいと思いますが、続けていけば体幹やバランス力が鍛えられます

体の仕組みも理解できて、なんと受け身も覚えてケガ予防にもなり、なんと頭も使うです!
技を覚えると相手との駆け引きも楽しくサイコーです!

ヤダ!
良いことづくめじゃない!

ということで、ぜひともお気軽にご参加ください。

コロナ対策で、消毒・換気・検温もしっかり行うので、安心してきてください。

■なんと非接触型体温計も購入しましたぜ。 

f:id:enko_hyodo:20201130143704j:plain

それにしても、不安も凄まじいですが、やりたいことをやらせていただいていてとても楽しいです。

本当にありがとうございます。

 

■ということで、ほとんど訪問者がいないホームページもリニューアル
1日5回は訪問してね。

www.shimanami-fight.com

 

ではまた。

 

ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね

 
地域おこし協力隊ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

半年ぶりに東京に行った話

■ご無沙汰しております

AmazonのFireTVで、ふと何となく僕のヒーローアカデミアなんてのを観だしたら全然終わらなくて延々と観続けていました。

現在、第一期の84話です。
いったいいつ終わるのか。

 

そういえば、大島に来て8ヶ月ほど経ちましたが、9月の連休に東京に戻ってきましたよ。
半年ぶりでした。

半年島暮らしをしたのですが、特にお上りさんになることなく普通に東京で過ごせました。

まぁどこに居てもあまり変わりはしませんよね。

環境がちょっと違うだけです。

 

とりあえず、半年前に突然
「ボク愛媛県に引越しまーす」
と言って、東京から消えていって、流れた”ヒョードー狂った説”ヒョードー夜逃げ説”を解消するため、旧知の皆さまに会いに行きました。

 

■前の会社の皆さまと再会
私が抜けて、数少ない40代の皆さまが更に肩身が狭くなったとのこと。
陳謝。
一応ボカシておきますね。

f:id:enko_hyodo:20201118210209j:plain

 

■縁 

ところで。

今治市の地域おこし協力隊に着任が決まってから、前職の上長に退職する旨を話したのですが、ありがたいことに常に涎を垂れ流しているような私を引き留めてくれました。

まずは、退職の理由として”地域おこし協力隊”なる摩訶不思議な制度から説明せねばなりません。

「僕、会社員辞めて隊員になるのです」
などと言われた上長の心中は察するに余りあります

で、上長であるN氏部長
「ヒョードーさんが、会社を辞めて隊員になると言っています」
というクレイジーな報告をせねばならないのです。

私がN氏であるなら、そのような訳が分からない報告は絶対にしたくありません。

 

(想像)

N氏「部長、すみません。ちょっと良いですか?」

部長「ん? どうしました?」

N氏「あの・・・、その・・・ヒョードーさんがですね・・・」

部長「捕まったのか!?」

N氏「あ、いや、ヒョードーさんは犯罪は犯してません。・・・たぶん。
実は、会社を辞めて隊員になるって言っています」

部長「は? 自衛隊?」

N氏「いや、無理でしょ」

部長「しょ、少年隊?」

N氏「もっと無理です、って言うか彼はただの毛深い中年です」

部長「確かに」

N氏「あの・・・ヒョードーさんは、地域おこし協力隊とかになると言っています」

部長「何だね、それは!」

N氏「いや、よく分かりませんが、愛媛県に引っ越すそうです」

部長「き、君はヒョードーさんが隊員になるって、事前に見抜けなかったのかね!?」

N氏「いや、48歳の中年男性がよもや隊員を志すなんて分かる訳がないですよ!」

 

みたいなやり取りがあったかどうかは分かりませんが、そのN氏も良く分からない
”地域おこし協力隊”
という制度について、苦労して部長に説明をしたことは想像に難くありません。

本当に申し訳なかったです。

 

が!

なんと後日、驚天動地の事実が発覚したのです。

この上長のN氏ですが、私が退職の意を伝えた時には、実はN氏自身も退職について考えていたそうなのです。

で、私から地域おこし協力隊の説明を聞き、その後この夏に退職して、あろうことかN氏自身が高知県の地域おこし協力隊になったというのです。

何ということか。

私が地域おこし協力隊になったことで、一人の男性の人生が変わってしまったのです。

人生、何が起こるか分かりませんね。

そして、この10月に愛媛県松山市で行われた四国全体の協力隊の研修で、N氏とまさかの邂逅
よもや前職の上長が県は違えど同じ協力隊となり、松山市で再会するとは。

めちゃくちゃ面白いです。

同じ四国だし、今後もお付き合いさせていただければ嬉しいです。

って、こんなの書いても良かったのでしょうか。

 

■久々のグラバカ

で、東京に行った際、グラバカでも半年ぶりに練習をさせてもらいました。

まずは16年間通い続けたグラバカ東中野の土曜日クラスに参戦。

この日は、あまり旧知の方が多くなかったのですが、楽しく汗をかくことが出来ました。

やっぱりグラバカの雰囲気は良いですね。

そして、続いて設立当初グラップリングクラスのインストラクターをさせてもらったこともあるグラバカ練馬でも練習をさせていただきました。

それにしても。

東中野でも練馬でも会う人会う人にデブを指摘されました。

■以前にも書きましたが、なんと大島に来てから3kgものエナジーをお腹に蓄えてしまいました。

www.wwwhyodo.com

 

■菊田さんとも久しぶりでした。
お土産に坊ちゃん団子を買っていきました。
ちなみに菊田さんと私は同じ歳。

f:id:enko_hyodo:20201117212249j:plain

■坊ちゃん団子を喰らいまくるKEI山宮氏とオービス・ススキ氏。
真ん中の狂気を巻き散らしている方はクレイジーキッド・タニウチ氏。

f:id:enko_hyodo:20201117212614j:plain

■打撃スパー。

f:id:enko_hyodo:20201117212736j:plain

f:id:enko_hyodo:20201117213237j:plain

グラップリングスパー。

f:id:enko_hyodo:20201117212854j:plain

■記念撮影。
床で狂気を巻き散らしている方はクレイジーキッド・タニウチ氏。

f:id:enko_hyodo:20201117213826j:plain

 

この日はKEI山宮氏をはじめ、わざわざ練馬に元ジムメイトの皆さんが集まってくれて、練習後に近くのファミレスへ。

KEI山宮氏は私の格闘技の師匠の一人なのですが、久々に狂気が爆発しておりました。

■元パンクラス王者のKEI山宮氏。
貴兄らはこの写真に違和感を感じるでしょうか。

f:id:enko_hyodo:20201117214436j:plain

 ■アップ。
凄まじい量のニンニクを狂ったように喰らっておりました。

f:id:enko_hyodo:20201117215559j:plain

■その後、ゼリーは飲み物などと訳の分からないことを叫びながら、食べ放題のゼリーを8回ほどおかわりして、牛飲しておりました。
ちなみにこの後にケーキも貪り喰ってました。

f:id:enko_hyodo:20201117220017j:plain

■わざわざ来てくれた皆さん。
嬉しかったです。
また遊んでくださいませ。
ちなみに左側の狂気を巻き散らしている方はクレイジーキッド・タニウチ氏。

f:id:enko_hyodo:20201117220607j:plain

2ヵ月も前の話ですが、久しぶりの東京は楽しかったです。

また、練習に参加させてくださいね。

 

そして11/21の<RIZIN25>グラバカでお世話になったウッチーこと内村さんが初参戦。

ファイトー!

 

久しぶりにブログを書いたら、ほとんど写真だけの内容になりました。

まぁのんびり続けていきたいと思います。

ではまた。

 

ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね

 
地域おこし協力隊ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

 

家庭菜園 -収穫の喜びと恐怖について-

■種と苗

ということで、畑の話の続きです。

 ↓ 前回

www.wwwhyodo.com

 

そうそう。
前回8種類の野菜を育ててるなんて書きましたが、1種類抜けておりました

苗で、試しにロメインレタスってのを植えてたのですよ。

普通、忘れますか?

忘れるのです。

それが49歳です。

ごめんよロメイン。

皆さんも気の毒なロメインレタスを見かけたら優しく接してあげてくださいね。

 

ってことで、全部で9種類の野菜達を育てています。

もう忘れてないよね。

・・・・・・大丈夫!
きっと!

で、育て方なんですけども
から蒔いて育てる
を畑に植え替えて育てる
という2つのパターンがあるのですよ。

イメージ的には、種は自分で産んだ子(いや、言いたいことは分かります。絶妙に気持ち悪いですよね)で、苗は養子といった感じですね。

分かりづらいですか?

えと、譜代外様・・・みたいな。

更に分かりづらい?
あ、そう。

って感じで、種から育てた方が何となく愛着が湧くのですよ。

ボクがイチから育てたよ!
みたいな。

 

■青梗菜

青梗菜。

奥さん、読めます?
コレ。

チンゲン菜ですって。

もちろん私は読めませんが、賢いPCが変換してくれました。
グラッチェ。

この青梗菜がですね。

ホームセンターで買って、畑に植えてですね。

なんと1ヵ月も経たずにもう食べごろを迎えたのですよ。

あっけないにも程があります。

いや、もちろん簡単なことに越したことはないのですが。

チョロ過ぎるぜ青梗菜。

もちろん種からだときっと大変なのでしょうが、何だか拍子抜けしてしまいます。

■チョロいとか言いましたが、結構虫にやられています。
蟲め。

f:id:enko_hyodo:20201106203259j:plain

■とりあえず収穫第一号。
引っこ抜いてやりましたぜ、先輩。

f:id:enko_hyodo:20201106204017j:plain

さっそく食べることにします。

が、当然スーパーに売っているものではないので、結構土が付いています。

「これだから根っこから引っこ抜くタイプはイマイチなのよね」

とか言いながら台所でベリベリめくって洗っていきます。

そもそもとか言ってますが、肥料の鶏糞も混じっているかと思うと立ち眩みがしますね。

しっかり洗わないと。

その時、事件が起きました。

さて、いったい何が起きたのしょうか。
------------------

①中が腐っていた

②また奴(カメムシ)がいた

③蝸牛がいた

④中がぜんぜん育っていなかった。

------------------

何とね、奥さん。

何とあろうことか、答えは③だったのですよ!

青梗菜をベリッと千切ったら中に蝸牛のヤロウが居やがったのですよ。

ヤロウ!!!

私の心臓が弱っていたら確実にショック死してますよ!

「ギャーーーッ!」
と悲鳴を上げて、見事に2メートルくらい飛びのきましたよ。

蝸牛って!
タツムリ!!
カ・タ・ツ・ム・リ!!!!
もおっ!!

時々、畑でウロついていたのは知っていたけど、潰すのも気持ち悪いから見てみぬフリをして、やっつけずにいたのに、こんなところに居やがるとは!

恩を仇で返すとはこのことですよ!
ダメ!絶対!!

とりあえず、葉っぱにくっ付いているので、葉っぱごとそっと窓の外まで運んで、ブンッ!って振って蝸牛を地面に強めに振り落としてやりましたよ。

あー怖かった。

さすがに見てしまったからその葉っぱは捨てましたが、それ以外はね、ちゃんと食べてやりましたよ。

どこかに蝸牛エキスが付いているかもしれないというのに。

思えば、私も強くなったものです。

大島に来たばかりの頃の私であれば、100%その青梗菜は食べる気が失せて捨ててしまっていたことでしょう。

そりゃ、虫も来ますよね。

この夏経験した、カメムシウリハムシとのデスマッチを経て、私は強くなり、成長し、そして悟ったのです。

「野菜には虫がやってくる」

もうこれは、仕方がないのです。

奴らも生きるのに必死です。

これはね、奥さん。

闘いなのですよ。

野菜を育てようと思ったら、虫と雑草はセットなのです。

 

あれ?
・・・ってことは、すぐに腰が痛くなるから草刈りが苦手で、虫なんて大嫌いな私はまったく農業に向いてないですね。

まぁいいか。

でも家庭菜園くらいなら何とか続けていきたいものです。

 

■青梗菜といえば中華だろうってことで、創味シャンタンで何となく中華風に味付けしてジャコと炒めてみました。

f:id:enko_hyodo:20201106205054j:plain

■更に残ったので、味噌汁の具にしてやりました。
火を通し過ぎて、どんよりとした緑になってまったく美味しくなさそうになりました。

f:id:enko_hyodo:20201106205422j:plain

で、肝心の味なのですが、なんだか苦いのですよ。

青梗菜って苦かったでしたっけ?

収穫時期が遅すぎたのでしょうか。

よもや蝸牛エキスのせいではないと思いますが、不味くはないのでまぁ良しとしましょう。

 

■キャベツ

ところで、キャベツだけは地域の方から余った苗をいただきました。

が、その頃が残暑真っただ中で、畑仕事をする気力がなく苗をいただいたのは良いのですが、水やりだけして後は一ヵ月ほど放置しておりました。

で、ようやく土づくりが完成して、植え替えたんスよ、先輩。

■何とあっという間に1/3程が枯れだしました

f:id:enko_hyodo:20201106213621j:plain

枯れたキャベツと何とか生き残っているキャベツ(写真・左上)にどのような違いがあったのかはまったく分かりません。

不思議。

ロメインレタス

そういえば、存在を忘れていたロメインレタスちゃんも結構育ってきてます。
もうそろそろ収穫してもいいのでしょうかねぇ。
よもや蝸牛はいないでしょうね。

f:id:enko_hyodo:20201106211329j:plain


たぶん続きます。

 

★★★ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね★★★

 
地域おこし協力隊ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村