しまなみ海道 エメリヤーエンコ・ヒョードー ブログ

東京からしまなみ海道の大島に移住しました

【危険】エコバッグとクロスバイク

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング


レジ袋が有料化になりましたね。

レジ袋がないとやっぱり不便ですが、「環境のため」って言われたら、言い返せないですね。

正論は強い。

 

ということで、私もさっそくダイソーで100円ではない150円のエコバッグを購入。

なぜこのショボいバッグが100円ではなく150円設定なのかは謎です。

 

ということで、先日私も遂にエコバッグデビューを果たしました。
ドキドキしますね。

 

その日は最寄りのローソンで、キャベツのミックスサラダ(カットしてくれているやつね)×2と10個入りの卵1パックを購入。

店員のおねえさんが、
「レジ袋は要りますか?」
と訊いてくるので、低めのシブい声で、
「いいえ、結構です」
と格好良く応えて、お金を支払いました。

 

ところで、コンビニってこれまで、店員さんが購入した品物を袋に入れてくれていたじゃないですか。

でもエコバッグになったら、品物をバッグに入れるタイミングって激ムズじゃないですか?

完全にお金を払い終わらないとバッグに入れる訳にもいかないので、お釣りをもらってから入れなければいけません。

しかしコンビニには、スーパーみたいに買い物カゴから袋に詰め替える場所がないのですよ。

もたもたしていると後ろに並んでいる人のプレッシャーが凄まじいのです。

しかも私の場合、エコバッグは背負っているリュックに入っているので、これまでの習慣でお金を支払ってボーとしていると、私のバッグ入れ待ちという不思議な間が生まれるのです。

あまりにプレッシャーがキツいときは、購入した品物を手で抱えてその場から逃げ出します。

なかなか難しいですね。

貴兄らは上手くエコバッグ生活を送っているのでしょうか。

 

 

で、何の話でしたっけ?

えーと。

 

そうそう。

とにかくローソンでサラダと卵を購入したのです。

 

その日も颯爽とクロスバイクに跨り、家へ帰ります。

クロスバイクなのでカゴなんてついていません。

ですので、エコバッグはハンドルを握る私の左手首あたりにかかっています

 

軽快に美しい夕暮れ時の島を走り、5分ほどで自宅付近に到着。

そこを右に曲がれば自転車置き場です。

 

その時、事件は起きました。

 

グシャッと何とも耳に心地よい音が聞こえたと思った途端、自転車が前に進まなくなったのです。

 

いったい何事かと見てみると、あろうことかエコバッグがタイヤに巻き込まれているではありませんか。

 

「なんでや!」

大阪弁でエコバッグにツッコミながら、巻き込まれたタイヤから無理やり引き出したのですが、理由は自明でした。

 

なんということでしょう。
エコバックの肩ヒモは、レジ袋よりも遥かに長かったのです。

 

当然と言えば当然の結果なのですが、家に着くまで何度かあるカーブは奇跡的にタイヤに巻き込まれずに帰って来たというのに、最後の最後でこのようなことになるとは。

 買ったばかりの卵のあっけない最後に憤怒のあまり真っ赤な顔をして、思わず叫びそうになりましたが、ギリ思いとどまりました

東京からやってきた得体のしれない中年男性が、自宅の前で卵の汁を滴らせながら雄たけびをあげていたら、近隣の方は凄まじい恐怖でしょう。

 

自転車を停め、ギリギリと下唇を噛み口から血を滴らせ、バッグからは生卵の汁を滴らせながら家に帰りました。

 

買ったばかりのエコバッグが生卵くさいにおいを発しています。

エコバッグごと捨ててやろうかと思いましたが、生粋のケチの私としては、購入したばかりのエコバッグを捨てるのはあまりに口惜しい。

仕方ない。

今回だけこの肩ヒモが長めの憎きエコバッグを許すことにして、洗って再利用することにしました。

 

■なんとも物悲しい写真です。
しかし、なんと驚いたことに卵はひとつだけ割れずに生き残っていました。
素晴らしいですね。

f:id:enko_hyodo:20200728220214j:plain

 

■どうしたらいいか分からず、とりあえずエコバッグをひっくり返し、キッチンシンクに流してみました。
卵もよもや買われた途端に殻ごと破壊され、捨てられるとは思いもよらなかったことでしょう。
すまんかった。
f:id:enko_hyodo:20200728220403j:plain

 

卵ラブの私としては、この日どうしても卵を食べたかったので、エコバッグを洗った後、また自転車でローソンまで買いに戻りました。

 

店員さんは、立て続けに卵を買いに来た私のことを無類の卵好きとして記憶したことでしょう。

 

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング

 

土佐料理とプチ・ダイエット

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング


■初めて高知に上陸し、無事にエメリヤーエンコヒョードー・セミナーを終えました。

www.wwwhyodo.com

 

スパーリングの最後の方は、あまりの蒸し暑さにビールのことしか考えられなくなり、危うく一本を取られそうになりました。

恐らくスパー中も譫言のように「ビールビールビールビールビールビール・・・」と呟いていたのでしょう。

よほど気の毒に思ったのか、モノリスの数名の方にビール&土佐料理をごちそうになりました。

 

■やはり何といっても土佐といえば、カツオのたたき。
塩とタレですが、塩(奥)が特に美味しかったです。f:id:enko_hyodo:20200718214824j:plain

 

■この日一番の激ウマ料理が、ウツボを炙ったこれ。
人生初ウツボ
ウツボを侮っていました。 f:id:enko_hyodo:20200718215030j:plain

 

■焼きサバ寿司もめちゃ美味。
いくらでも食えます。 

f:id:enko_hyodo:20200718215147j:plain

 

とにかくどの料理もめちゃくちゃ美味しかったです。

ありがとうございました。

 

モノリス・イケメンメンバーに饗応を受けたのが、こちらの<灯り>というお店。
高知に行った際はぜひ。
★灯り

関連ランキング:居酒屋 | 蓮池町通駅デンテツターミナルビル前駅はりまや橋駅

  

■お店の近くの観光名所はりまや橋にて。
噂にたがわぬ、がっかり名所っぷり。f:id:enko_hyodo:20200718232135j:plain

 

その夜は、厚かましくもベストコンディション牛窓氏の家に泊めてもらい、翌日に帰宅。
多謝。

 

高知駅にて。
日曜市で売っていた土佐名物のいも天をいただきました。
帰りのバスの中で貪り喰いました。
甘くて美味しかったです。
f:id:enko_hyodo:20200718220431j:plain

 

ベストコンディション牛窓氏やご家族をはじめ、モノリスの方々にいろいろと良くしていただき、とても嬉しかったです。

またそのうち伺いたいと思います。
ぜひまた遊んでくださいませ。

 

 

ところで。

 

ヒョードーを以前から知っている方もお会いしたことがない方も総じて、
「コイツ、ムチムチやな」
と私が写った写真を見て独りごちたことと思います。

太りに太った私の写真を恥を忍んで公表したのには、訳があります。

改めて激太りの写真を我が目で見て、さすがに危機感が募り、改めてプチ・ダイエットをすることにしました。

 

「はぁ?

危機感とまで言っておいて、プチって何ぜよ! 」(高知かぶれ)

 

とイラっとした方。

説明します。

なぜ、プチなのか。

これは敢えてなのです。

 

奥さんも経験があると思いますが、最初から張り切りすぎてトバすとあっという間に息切れしてリタイアしてしまいます。

空腹を憎む私としては、3日坊主どころか、1日ともたないでしょう。

 

ということで、本当は断食したいところですが、ゆるやかにダイエットをスタートすることにしました。

 

作戦はこうです。

町行く人に訊いたところ、晩ご飯が特に肥満にはヤバいというではありませんか。

特に炭水化物

愛する炭水化物ですが、断腸の思いで、なんと夜はサヨナラすることにしました。

 

「え?どうして? アタシのこと嫌いになったの?」

「いや、そういう訳じゃないけど…」

「じゃあこれまで通り、食べればいいじゃない♡ お腹いっぱい♡」

「いや・・・。もう夜に君を見たくもないよ」

「!!
なんでよ! 朝も昼も良くてなんで夜はダメなのよ!!
これまで毎食山盛り食べてくれたじゃない!」

「・・・オレ知ってるよ
君、美味しいけど、夜食べると太る原因になるらしいらしいじゃないか」

「・・・ヒドイ」

「ヒドイ!?
ヒドイのはこの腹だよ! 見てみろよ! この腹を!
ほら! ほらほらほらほらほらほら!
ほら、ちゃんと見ろよ!
君のせいで豚みたいな腹になったじゃないか!!」

「!!
ちょっと! なによその腹! マジキモいんだけど!
ちょっと待ってて、吐いてくるから!」

「!!」

「オエェェェッ!!」

「だ、大丈夫かい?」

「大丈夫な訳ないじゃない!
もうアンタなんかにひと粒も食べられたくないわよ!

キンモー!!」

「!!」

 

ということで、なんと晩ご飯に白ご飯を食べないという荒行を敢行

代わりに野菜をたくさん食べることにしたのです。

プチとはいえ、凄まじい内容ですよね、奥さん。

 

話は変わりますが、16年前のグラバカジムの会員証を改めて見てみると、現状のあまりの肥満老化に失禁しそうになります。

■敢えて昔の写真を公表し(カラーは恥ずかしいので白黒)、退路を断ちます。f:id:enko_hyodo:20200718230003j:plain

 

そして、なんと現在9日間連続夜の炭水化物抜きを敢行しています。

 

しかし!

いったいなんということでしょう。

 

今のところまったく効果はなし!

 

いったいどういうことか・・・。

炭水化物を抜いても野菜を極端に食べすぎなのか、カメムシの呪いか・・・。

 

 

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング

 

初・高知上陸 ーヒョードー・グラップリングクラスー

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング

 

「趣味は何か?」
と訊かれたら、やっぱり
「格闘技です」
と答えます。

 

2004年の10月からグラバカジムに通いだしたので、16年ほど続けていることになりますね。

何度か転職をしているのですが、どの職場よりもグラバカジムに通った年数の方が長いという何だか残念な感じです。

 

で、グラバカジム時代に”ベストコンディション牛窓さんという怪しい名前の方と出会ったのですが、先日10数年ぶりに再会を果たしました。

 

■ちなみに”ベストコンディション牛窓というのはリングネームで、命名者は<湘南魂>主催のKEI山宮
例え熱があったり、骨が折れている状態で戦ったとしても、
「私、今日コンディションが悪いのです」
とは決して言えない、とてつもなく自分に厳しいリングネーム
あ、他に”コミュニケーション牛窓というリングネームでも出場していましたね。
とりあえず適当につけた感が満載ですね。

www.wwwhyodo.com

 

 で、そのベストコンディション牛窓さんなのですが、グラバカジムを退会した後、リバーサルジム新宿Me,Weにて柔術を始めて、その後地元の高知に戻られていました。

そして、なんとその高知で自身で柔術チームを作り、頑張られているとのことでした。

 

ということで前置きが長くなりましたが、図らずも隣県に住むこととなったベストコンディション牛窓氏より、ラブコールを受け、先日遂に高知まで行ってきたという次第です。

 

そのうち買うつもりなのですが、現在は車を所有していないので、高知へ行くのもひと苦労です。

 

■ルートはこんな感じ。
------------------------

①自転車
自宅→最寄りの大島のバス停。

②バス
大島→今治駅(およそ一時間に1本。乗り遅れたら地獄)

③電車(JR
今治駅松山駅(なんと私3ヵ月半振りに電車に乗りました)

バス
松山駅 → 高知駅

------------------------

 

遠い。
あまりにも遠い。

そして、②のバスから③の電車の乗り継ぎ時間は、たったの5分

しかし、一本前のバスだと1時間前となり、さすがに時間を潰すのも大変なので、男ヒョードーとしては、この5分間にすべてを賭けました

果たして無事に高知まで着くことができるのでしょうか。

 

とはいえ、5分もあるのです。

バスは今治駅前に到着するので、普通に考えれば焦ることなく電車に乗れます。

少しだけドキドキしながらバスに揺られていたのですが、案の定ジワリジワリと遅れていきます。

 

しかしいよいよバスは今治駅のひとつ前の停留所の病院前に到着。

「何とか間に合うか…」

とひと息ついた時、我が目を疑う光景に全身から大量の汗が吹き出しました。

なんと、こともあろうに子供連れのお母さんが、バスが止まってから呑気に両替を始めたではありませんか。

「先に両替くらいしとけよ!」

と心の中で絶叫し、目が飛び出るほどお母さんと時計を凝視し、およそ2分遅れでバスは出発。

もちろん今治駅に着いたのは2~3分遅れ

 

当然タイムリミットもおよそ2分30秒ほど。

久しぶりに狂ったようにダッシュをし、凄まじい速さで切符を購入し(たぶんSUICAは使えない)、ホームへ向けて階段を駆け上がります。

 

ところが!

ツイていない時はとにかくツイていないのですよ、奥さん。

3ヵ月半振りの電車であり、普段全く利用していない今治駅という状況で、なんと駆け上がったのは反対のホーム

万事休すか。

 

しかし、最後まで諦めなかった私は素晴らしい。

48歳には若干恐怖の二段飛ばしで階段を走り抜け、なんとギリギリ松山行きの電車に乗れたのです。

セーフ。
どれ程、普段の行いが良いのでしょうか。

 

しかし、これ程までに苦労をして乗った電車は、ここ数日の集中豪雨でダイヤは乱れ、たっぷり20分ほど遅れて松山駅に到着。

やれやれ。

 

そんなこんなで、およそ5時間半かけてようやく高知駅に到着しました。

なぜこんなに時間がかかるのかと地図を見てみると、とんでもない事実が発覚。

 

■仕方がないとはいえ、わざわざ松山まで行って、なんと引き返していたのです。

f:id:enko_hyodo:20200717223830p:plain

 

高知駅では、ベストコンディション牛窓氏が、ベストコンディションで迎えに来てくれていました。

 

高知駅前にて撮影。
左から武市半平太先生、坂本龍馬先生、中岡慎太郎先生。
幕末好きとしては、ちょっとテンションが上がります。
が、板垣退助後藤象二郎ではなく、武市半平太なのですね。
坂本龍馬ゆかりの人物ということで選ばれたのでしょうか。
なるほど。

f:id:enko_hyodo:20200718211957j:plain

 

今回の高知遠征は、久しぶりにベストコンディション牛窓氏に会うことと、BC牛窓氏が主宰の柔術チーム”モノリスにてグラップリングの特別クラスを行うためなのです。

 

この日のメニューはこちら。

三角絞めという基本の技とそこからの応用技各種
②そしてリクエストがあった足関節

私的にはかなり使える技のはず。 

 

三角絞めのポイント。

f:id:enko_hyodo:20200718212301j:plain


■意外と分かってない人は多いのです。

f:id:enko_hyodo:20200718212514j:plain

 

柔術でも使いやすいように数パターンのアキレス腱固めを中心に説明。

f:id:enko_hyodo:20200718212703j:plain

 

■エメリヤーエンコ・ヒョードークラスということで、偉そうにレクチャーしてきました。
実力はなくても16年間、組技や柔術の日本のトップ選手に教わって来たので知識は多少はあります。

f:id:enko_hyodo:20200718213013j:plain

 

それにしてもモノリスの方々は、突然やって来て偉そうに講釈を垂れる、およそスポーツマンに見えない初老の小太り男性をいったいどのような気持ちで迎えてくれたのでしょうか。

 

技をお伝えしている間はまだ良いのです。

当然ながらこの後はスパーリングとなります。

顔は笑顔をキープしつつ、背中を汗が滴り落ちます。

だってそうでしょう。

皆さんの前で、偉そうに技について話したりした手前、簡単に一本を取られる訳にはいかないではないですか。

 

しかも。
インストラクターが、死に物狂いで必死にスパーリングをするのも相当格好が悪い。

しかし。
インストラクターが、激弱では更に格好が悪い。

 

私に課せられた条件は、

 ・決して一本を取られてはいけない。

 ・しかし、必死になりすぎてもいけない。

 

■この相反する条件のもと、スパーリングにも参加させていただきました。
私の武器は、すっかり増加した体重だけです。
デブ臭を巻き散らせながら頑張りました。
それにしても体重は増えましたが、体力は激減しました。

f:id:enko_hyodo:20200718231338j:plain

 

■皆さん、良い方ばかりでした。
ありがとうございました。

f:id:enko_hyodo:20200718214449j:plain

 

■ベストコンディション牛窓氏と。

f:id:enko_hyodo:20200718214722j:plain

 

10年ぶりくらいに邂逅し、以前と変わらず一緒に練習できるとは、格闘技ってやっぱり素晴らしいですね。

大島でもやりたいなぁ・・・。

 

次回、48歳初老の加齢と肥満と戦う姿をお届け予定。

ではまた。

 

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング

 

GO TO 夏野菜

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング

 

夏野菜が美味しい季節になってきましたね。

ようやくカメムシの呪いが解けたヒョードーです。

 

■令和最大の戦い。
今治で孤独にカメムシと戦う男の記録です。 

www.wwwhyodo.com

 

実はもともと野菜はそんなに好きではなかったのですが(今さら!)、スーパーで安く買えるのでよく買うようになったし、自分で作ったりしているとだんだんと野菜が好きになってきました

■そのうち、ぬいぐるみのようにベッドにもぎたての茄子とか枝豆とかを笑いながら並べだすかもしれません。
かわいらしいですね。f:id:enko_hyodo:20200713222932p:plain

そんな野菜大好きっ子の私に、地元の方から「持ってけ」と、採れたての野菜をいただきました。

本当にありがたい。
多謝。

 

■いただいたトマトトウモロコシ枝豆。
この柿みたいなトマトは、恐らく桃太郎ゴールドとかいうトマトだと思われます。

f:id:enko_hyodo:20200708221639j:plain

 

それにしても素晴らしい出来ですね。

果たして、ウチのトマトや枝豆ちゃん達も、かようにしっかりと実るのでしょうか。

 

ということで、せっかくいただいたのでさっそく調理します。

イエーイ!

 

まずは枝豆

枝付きのは初めてなので、ネットで調べました。

 

ところで奥さん、知ってました?

枝豆って超毛深いのですよ。

これを洗ってから塩で揉んでいると毛も多少抜けて、茹でると居酒屋でお通しで出てくる感じの艶やかな枝豆になっていきます。

何事もイチからやってみないと分からないものですね。

 

そして、トウモロコシ

もちろん皮つきのトウモロコシなんて触ったことすらありません。

 

しかしね、奥さん。

なんとこれですね、皮つきのまま電子レンジでチンすれば良いっていうではありませんか。

サイコー。

 

ということで、さっそく電子レンジに放り込んで、5分ほど加熱しました。

超楽ですね。

 

■電子レンジで加熱後のトウモロコシ。
見た目に変化はなし。
ただし、激熱

f:id:enko_hyodo:20200708222700j:plain

 

激熱のトウモロコシの皮を剥いていきます。

そして、ふと気づくと2cmほどの白っぽい細長い物体が2~3個、俎板に落ちているのです。

 

「ん? なんだコレ?」

 

絶賛老眼進行中のため、メガネを額にずり上げて、白い物体に顔と近づけてよく見てみます。

 

するとなんとですね、奥さん。

こともあろうに謎の白い物体は電子レンジでホッカホカに熱せられた何かの幼虫だったのです。

 

「ギャーッ!」

と叫んで、錯乱しながらもソッコーでキッチンペーパーで掴んで、潰して、ゴミ箱に打ち捨ててやりました。

 

「ハァハァ・・・」

しばらく動悸が治まりませんでしたが、冷静になるとまぁそういうこともあるか、と考え至りました。

 

もうですね。

当然ながら畑や山なんて虫だらけなのですよ。

言うなれば虫王国ですよ。

・・・いや、違うな。
なんですか、虫王国って。

え? 知らない?

僕も知りませんよ!

 

えーと。
とにかく。

 

そりゃ甘いトウモロコシなんて、虫も喰いつくに決まっています。

私が、薄気味悪い白く細長い何かの幼虫だったとしても、甘いトウモロコシに奇声を上げて喰らいつきますよ。

 

それにしても薄気味悪い白く細長い何かの幼虫には気の毒な事をしました。

どうか貴兄らも薄気味悪い白く細長い何かの幼虫の気分になっていただきたい。

 生まれてきた喜びを噛みしめながら、楽しくトウモロコシの皮の間で友達と遊んでいたら、生きたまま電子レンジに入れられ、体中の水分が振動し、摩擦熱で沸騰し、チーンと最期を迎えるのです。

しかもまだ成虫になってもいない、子供なのです。

彼らは沸騰しながら同じく熱せられる友達をどのような気持ちで見たでしょうか。

考え得る限り最悪な最期です。

本当にすまんかった・・・。

合掌。

 

しかし、スーパーに並んでいる野菜も本当はこんな感じに虫がついているのですよ。

ただ、陳列前にキレイにされているだけなのです。

頭では分かっていましたが、これが自然というか、本来の姿なのですね。

 

結論

野菜には蟲どもがやってきます。
必ず。

 

ということで、虫のことなんて忘れて、トウモロコシの皮を剥き続けました。

男らしくて格好良いですね。
ファンレターはコメントかお問い合わせからお願いしますね。

 

■皮を剥ききると、しっとりとお風呂あがりみたいでした。

f:id:enko_hyodo:20200708224935j:plain

 

さて、次はを取らなくてはなりません。

そのまま噛りついても良いのですが、歯につまりそうだし、上品な都会育ちなので、実は前もって取ることにしました。

 

ネットで、バターナイフで簡単にこそげ落せるとナイスな情報をゲット。

さっそくやってみましたが、なんとまったくキレイに取れず。

半ギレになりながら、スプーンでも試してみましたが、結局最後は包丁で切って落としました。

もう。

 

■そして、収穫した茄子は豚肉と生姜焼きにして完成。
結果、ただ単に切っただけの桃太郎ゴールドが一番美味しそうという結果に。

f:id:enko_hyodo:20200708234825j:plain


料理下手な私でも新鮮な野菜を使えば、美味しくいただくことが出来ました。

感謝

野菜サイコー。

 

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング

初めての家庭菜園 -逆襲、そして絶望ー

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング

 

地域おこし協力隊改めカメムシハンターとなったヒョードーです。

 

カメムシハンターデビューの初々しい様子をぜひ振り返ってみましょう。 www.wwwhyodo.com

 

ウリハムシやらカメムシやらよく分からない虫と戦いながら育てている、野菜達の現在について、先輩にご報告したいと思います。

押忍。

 

・枝豆

かなりカメムシは減り、ちらほらと白い小さな花が咲きだしております。

後述します。

 

・トマト

これがですね。

なんかイマイチなのですよ。

実をつけだしてるのもいるのですが、しなしなになっているのもいて、とても赤い美味しそうなトマトを実らせるとは思えません。

支柱を適当に立てたのが良くなかったのか、水をあげすぎたのか。

改めて本で調べてみると、なんと花が咲いたら軽く支柱をたたいて受粉させなければならないと書いてあるではありませんか。

なんて世話の焼ける。

さっそくトントンとやってあげたいのですが、しばらく雨ばかりですねぇ。
困りました。

 

・茄子

なんと茄子がエースとして君臨しています。

長茄子は一番果を摘んでからいっこうに実がつかなくなりましたが、他の名前が分からない”皮が薄い”という茄子はちょこちょこと収穫できはじめています。

”1番から3番果までは早めに収穫せよ”
とのことで、まだ小さいのですがとりあえず収穫。

f:id:enko_hyodo:20200708215404j:plain

 

・ムーンライト(メロン)

ウリハムシは退治して、やってこなくなったのですが・・・。

■これ枯れかけてないですか?

f:id:enko_hyodo:20200708220301j:plain

ネットで調べたところ”放任栽培”と書いてあったので、水を適当に上げる以外はほったらかしにしていたのですが、放任し過ぎたのでしょうか。

かろうじて花は咲いているので、しばらく様子をみましょう(結局、放任)。

 

・ピーマン

これもほぼ放任というか、ほぼ放置。

■水をあげているだけですが、白い花らしきのが咲き始めました。

f:id:enko_hyodo:20200708220101j:plain

 

・オクラ

これも完璧に放置。

が、なんと蕾らしきドリルみたいなのが出てきました。

■果たして、これがどうなるのでしょうか。

f:id:enko_hyodo:20200708220509j:plain

 

と、このような感じです。

 

 

そして、昨日。

我が枝豆ちゃんにたかるカメムシをまたまた発見しました。

「やれやれ・・・」

重く深い溜息をひとつついて、手術前の医者のように冷静に軍手は嵌めます。

 

そして、カメムシを着実に一匹一匹人差し指と親指で摘みプチプチと潰していきます。

貴兄らも、次に私を見かけた際は、カメムシハンターと敬ってくださいね。

でもコロナなので、握手は諦めてくださいね。

 

辺り一面にカメムシの悪臭が漂います。

そんな折、ふと異変に気が付きました。

なんとカメムシを潰している軍手の指先が何やら赤っぽいのです。

どう考えてもカメムシの体内に血が流れているとは思えません。

「よもや新種か!」

と色めき立ちましたが、流血するカメムシなんて薄気味悪くて発見しても誰にも言えません。

とりあえず気にしないことにして、カメムシを潰し歩きました。

20~30匹くらいあの世に送ったところで、ほぼほぼ見当たらなくなったので、切り上げて帰りました。

 

しかし、その時すでにカメムシ逆襲は完了していたのです。

 

なんと先ほど軍手を赤く染めていたのは、カメムシ体液だったのです。

 

しかも!
しかもですね、兄貴!!

この体液はアルデヒドとかいう有害物質が主成分で、なんとというではありませんか。

 

ただの臭いにおいを巻き散らす変な名前の虫だと侮っていたのですが、野郎はなんと毒まで持っていたのです。

ただ、人体には特に大きな影響はないとのことで、ひと安心。

 

しかし!

なんとカメムシの体液は、カメムシを何十匹と屠った私の人差し指と親指にしっかりと染み込んでいたのです。

当然ながら指先が臭いのです。

なんとおぞましいのでしょうか。

 

■衝撃映像。
カメムシの体液に染まった我が人差し指。
なんと洗っても数日はとれないそうです。
絶望。

f:id:enko_hyodo:20200708232519j:plain

 

いったいどこの世界にカメムシの体液が染み込んだ男と仲良くしようと思う人がいるでしょうか。

 

当然ながら私なら絶対にです。

私なら、陰で「アイツ、超カメムシ臭いよね」悪口を言って、ゲヒゲヒ嗤います

 

私は、本日をもってカメムシハンターは卒業し、カメムシ人間として生きていきます

 

貴兄らに、これだけは言っておきます。

いくら私に憧れたとしても、素手や軍手一枚でカメムシを潰してはいけない

絶対にです

 

これがカメムシ人間からの最後の忠告です。

 

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング

 

 

初めての家庭菜園 ー覚醒ー

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング

 

前回、輝かしい未来を信じて生まれてきた枝豆の芽を無慈悲にブチブチと間引き、更には長茄子の一番果を切り取るという所業に、貴兄らも私と一緒に泣いてくれたことと思います。

 

www.wwwhyodo.com

 

今日はその後のの様子をお話ししたいと思います。

 

雨の日以外は、水やりに畑を訪れます。

面白いことに毎日行って見ているのに、毎日必ず成長しているのです。
かわいらしいですね。

かように健気にスクスクと育つ愛くるしい野菜達の元へ足繁く通っていたのですが、私の不在の間に間男のように奴らが突然やって来たのです。

 

害虫です、害虫

害をなす虫

 

何度か当ブログでも書いていますが、私は都会暮らしが長かったこともあり、虫は大の苦手なのです。

苦手と言うかもう恐怖の対象なのですよ。

 

かように小さい虫を175cm(本当は174.5cm)の私が恐がる理由などまったくないのですが、おっかないというか気持ち悪いものは仕方がありません。

 

あぁ、蟲。

何なのでしょうね、蟲。
アイツら必要ですか?

要る?
本当に?
あ、そう。

 

最初の来客は、まず試しにと植えてみたムーンライトという気取った名前が鼻につくメロンにやって来ました。

 

ちょっとオレンジかかった6~8mmほどの虫です。

これがですね、1匹や2匹ならまだしもですね、奴らはですね、なんと十匹以上もの大群で押し寄せてきやがったのです。

 

なんということでしょうか。

1cmにも満たない彼らの中にもきっと頭が切れるボスがいるのでしょう。

私が虫が恐いことを知っていて、奴らは数で攻めてきたのです。

あぁ、おぞましい。

 

■調べてみると、ウリハムシという虫でした。
葉っぱをムシャムシャ喰っていやがりました。
あぁ、忌々しい。

f:id:enko_hyodo:20200703230549p:plain

 

あまりのことに失禁しそうになりましたが、ぐっと堪え、ただちにホームセンターに走り、殺虫剤を購入。

 

 ■購入したのはこれ。 

 

本当はムーンライトちゃんに殺虫剤など撒きたくはありませんが、枯れてしまっては元も子もありません。

さっそくウリハムシの野郎目掛けてスプレーを噴射してやりました。

奴ら相当ビビッてましたぜ、兄貴。

 

翌日、確認してみるとまだ数匹はいましたが、ほぼウリハは居なくなっていました。

これは私の勝利でしょう。

帰ってムーンライトクッキーでも食べてお祝いしましょう。

 

しかし噂には聞いていましたが、我が野菜達にも害虫がやってくるとは。

心のどこかでウチの子に限って、と楽観していたのですが・・・。

恐ろしいことですね。

 

そして更に数日後。

葉っぱばかり大きく、なかなか実をつけない茄子ちゃんにも明らかに虫に喰われた跡があるではありませんか。

 

■ショック!
葉っぱの至るところにが!!

f:id:enko_hyodo:20200703232623j:plain

 

まったく何ということでしょうか。

毒を食らわば皿までといいます。

こうなったら茄子達にも殺虫剤の噴射を敢行するしかありません。

やれやれですね。

 

そして、先日遂に!

愛しの枝豆ちゃんがカメムシの餌食になっていたのです!

 

茎や葉に何匹も群れを成してムシャムシャと喰い散らかしています。

私のカワイイ枝豆ちゃんが、カメムシなる、虫のクセに他の生き物の名前を付けられたオトボケ野郎に蝕まれているのです。

 

あまりの光景に絶叫しながら、
虫嫌いの私が!
なんと素手で!
カメムシ野郎を指先でパシッと弾いたのです!

 

見るだけでも怖気立つというのに私の指がカメムシ接触したのです。

もちろん、これではきっと退治は出来ていません。

しかし、それでも私は次のカメムシ野郎も指で弾きました。

 

するとあろうことかですね。

指が当たった枝豆ちゃんの茎ごと千切れて吹っ飛んでいったではありませんか。

「ママッ!?」

茎を吹っ飛ばされた枝豆が仰天して、目を見開いて私を見やります。

「ゴ、ゴメンッ!

あの、カメムシが・・・、その・・・」

謝りながらもまだまだカメムシは数十匹と枝豆ちゃんに取り付いています。

 

そして遂に私は逆上しました。

 

なんと気づいたら、私を嘲笑うカメムシ人差し指と親指で摘み
「ギャーッ!」
と叫びながら潰していたのです!

 

プチッ!

と微かに潰れる音がして、指先にカメムシが潰れた感触が残ります。

 

奥さんは、カメムシ素手で潰したことがありますか?

奥さんは、カメムシが潰れる生音を聞いたことがありますか?

 

私は、あります。

 

それから数匹潰してやりましたが、カメムシが放つ凄まじい悪臭にふと我に返りました。

「さすがに素手はないな・・・」
独り言ちて、枝豆ちゃんに
「もうちょっと我慢してね」
と声をかけてから軍手を取りに行って、そこから軍手越しに着実にプチプチとカメムシ野郎を潰していきました。

 

虫にももちろんがあります。

が、愛する枝豆ちゃんにたかるカメムシはもうただのでしかありません。

奥さんも愛犬が、カメムシに喰われていたらやっつけますよね?

もちろん、殺虫剤スプレーも噴射し、後顧の憂いもしっかりと断ちました。

 

 

しかし、島に来て3ヵ月で素手で虫を潰せるようになるとは。

田舎暮らしで、私の隠れていた野生が覚醒したのでしょうか。

このまま半年くらい経つと、ピーナッツを放り投げて口でキャッチするみたいにして、カメムシをパクついているかもしれません。

その時はまたブログに書きますね。

 

それにしても、野菜達の脆弱さは半端じゃないですね。

毎日水をあげたり、虫共を追っ払ってあげても、実をつけるかどうか微妙なのです。

彼らは、自ら生き抜こうという気力が足りないのではないでしょうか。

それにくらべて雑草の逞しいことといったら本当に凄まじいのです。

ちょっと見比べてみましょう。

 

■これが6/21の畑の様子です。
周りは雑草がかなり生えてきていますが、畝の間は少ししか生えていません。

f:id:enko_hyodo:20200704222510j:plain

 

■そしてこれが、6/28の写真です。
なんと一週間でこの有様です。

f:id:enko_hyodo:20200704223001j:plain

 

こんなのマルチを張ってなかったらとんでもない地獄でしたね。

面倒くさくてもマルチを張ってて良かったです。

さぁ、皆さんもさっそくマルチを張りましょう!

 

続きます。

ではまた。

 

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング

 

 

しまなみ海道上級者向け 大島の隠れビーチ

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング

 

ご無沙汰しております。

まだまだコロナはおさまりませんが、先輩方はお元気でしょうか。

 

非常事態宣言真っただ中、”〇〇バトン”というのがじんわりと流行っていたのを覚えていますか?

 

まったく他人事だと思ってFacebookなどを涎を垂らしながら眺めていたのですが、なんと驚いたことに私にプッシュアップバトンなるものが回ってきたのです。

 

これには困惑しました。

皆さまのプッシュアップバトンを見てみると、どなたも誰かが撮影をしているのです。

ところがなんと現在私は今治市大島でひとりで暮らしており、誰も私のプッシュアップなどを撮影してくれる人などいないのです。

いや、もちろん大島で知り合った方も多くいますが、まだ私が頭がおかしいことを知らない皆さまに、突然そのようなことをお願いできる筈もありません。

 

どうか貴兄らもぜひ静かに目を閉じて想像していただきたい。

4月から東京からやってきた何者とも知れぬ48歳の胡散臭い中年男性が、
「ぜひとも私のプッシュアップをする姿を一緒に撮影してくれないでしょうか」
などと突然話しかけてくるのです。

頭が狂っていると思われます。

 

とはいえ、せっかく私ごときにも声をかけてくれたので、どうしたものかと懊悩していたのですが、グラバカジムのヅカマニアのオービス・スズキ氏が、
「せっかく島に居るのなら海で撮影してこい」
とアドバイスをくれたのです。

 

なるほど。

初めてオービス・スズキ氏の発言に納得しました。

 

確かに島で孤独に暮らす48歳の小太り男性が、自室でひとりノリノリで腕立て伏せをする姿はあまりに悲しい

 

しかし、ならどうでしょう。

きっと私の哀愁を自然が優しく包んでくれることでしょう。

 

とはいえ。

迂闊にその辺の海岸で撮影はできません。

 

「ねぇねぇ、4月に東京から来た地域おこし協力隊の人がいるじゃない」

「知らない」

「いるのよ。 妙に胡散臭い人が」

「え? 何よそれ。 で、ソイツがどうしたのよ」

「…こないだね、海岸でね、自撮りしてたのよ」

「それはまぁ胡散臭いけど、自撮りぐらいすることもあるんじゃない?
きっと自分が大好きなのよ」

「うん。私もね、自撮りしてるだけなら気にしないんだけどね…」

「・・・・・・なに?」

「ソイツね、何だかニヤつきながらね、腕立て伏せをしている自分を嬉しそうに撮っていたの! しかも動画を!」

「なにそれ! 超キモいんだけど!」

「でしょ! アタシ悲鳴を上げながら走って逃げたわよ」

「何なのよソイツ!
ちょっとアンタ! そんな動画どうするのよ!」

「知らないわよ、アタシは!」

 

このように地元の方々をパニックに貶めてしまうのです。

これは避けたい。

そこで、私は恐らくそうそう人が来ることはないと思われる海岸で撮影することにしたのです。

 

「しまなみ島走BOOK」というガイドブックには、<戸代鼻のかくれビーチ>という名称で載っていました。

f:id:enko_hyodo:20200628223324p:plain

 

ここしかありません。

なんせ隠れているのです。

ここなら一人で動画を撮影しても、狂ったようにダンスを踊っても、「キエー!」と叫びながら焼けた石に地獄突きの練習をしてもきっと大丈夫です。
しないけど。

っていうか、意味が分かりませんよね。
スミマセン。

ということで、出発です。

 

■島の東側の友浦という地域までやってきました。

f:id:enko_hyodo:20200628224017j:plain

 

■この辺りの海岸にも既に誰も見当たりませんが、万がいち誰かが来るととてつもなく恥ずかしいので、やっぱりかくれビーチを目指します。
初志貫徹ですね。
なんて男らしいのでしょう。

f:id:enko_hyodo:20200628224351j:plain

 

この戸代鼻のビーチですが、”かくれ”という名の通り、どうやら簡単には行けないようなのです。

何も考えずに愛機のGIANTのロードバイクでやって来たのですが、なんと途中から山道になったではありませんか。

当然ながら細いタイヤのロードバイクは山道なんて走ることはできません。

むしろ一番向いていないでしょう。

しかし定価15万円の愛機をその辺りに放っていく訳にもいきません。

仕方なしに自転車から降りて押して歩きます。

山道をロードバイクを押して歩くとは、考え得る中で最悪の部類に入るシチュエーションです。

やれやれ。

 

恐怖
道中、放棄された柑橘が猪に荒らされていました。
これはもういつ猪が出てきてもおかしくありません。

f:id:enko_hyodo:20200628230219j:plain

 

猪に襲われる危険を冒してまで、腕立て伏せの動画など撮影する必要は1ミリもないのですが、とりあえず進みます。

 

とにかくもうヤケクソでどんどん山道を登っていきます。

しかしさすがにGIANT号を押して行くのも限界です。

仕方なしに愛機を残して更に進むことにします。

 

■さよなら。

f:id:enko_hyodo:20200628231238j:plain

 

■しかし、5分ほど進むとなんと打ち捨てられた軽トラの亡骸があるではありませんか。

f:id:enko_hyodo:20200628231529j:plain

 

あかん!

こんなところにGIANTちゃんを残してなんていける筈ないではありませんか!

ごめん!

ごめんよGIANT!

泣きながら小走りでGIANTちゃんのところに戻り、改めて押しながら山道を進みます。

 

しかし、山道はどんどん悪路となっていきます。

この格好良いGIANTちゃんが更に足手纏いになってきます。

「チッ! コイツさえいなければ…」

私の中で悪魔が囁きます。

そして遂に悪魔の甘言に負けて、GIANT様を山の中に放置してやりました。

自分が楽をしたいがために愛機を打ち捨ててやったのです。

人の姿をした鬼畜となり果ててしまった私は、何が何でも戸代鼻のかくれビーチとやらに行くしかもう道はないのです。

 

それにしても。

 

何が悔やまれるといえば、何も考えずにビンディングシューズを履いてきてしまったことです。

 

奥さん、知ってます?

ビンディングシューズって。

 

ロードバイク用のシューズなのですが、なんと靴底に金具が付いているのですよ。

これがですね、奥さん。

凄まじく歩き辛いのですよ。

 

スパイクのような金具ならまだしも、靴底の真ん中に金具が付いているのでもう邪魔で邪魔でしかたありません。

むしろよくここまで、こんな靴でロードバイクを押しながらやってきたものです。

 

■クソ暑い中をとにかく意地になって山道を延々と進みます。
f:id:enko_hyodo:20200628233024j:plain


そして、遂に。

 

■遂にかくれビーチが見えてきました。

f:id:enko_hyodo:20200628232929j:plain

 

やったよ。
やったよ母さん。

猪の恐怖やビンディングシューズの歩きづらさにもボク負けなかったよ。

 

■ようやく到着。

f:id:enko_hyodo:20200628233500j:plain

 

■さすがに海はきれいです。
そりゃあそうですよね。
こんなところまで来て汚かったらやってられません。

f:id:enko_hyodo:20200628234849j:plain

 

ここなら誰の目も気にせず、好きなだけプッシュアップができます。

イヤッホー!

 

いや。

 

自分で気づかないフリしていましたが、そもそも別に私は腕立て伏せをやりたい訳ではないのです。 

せっかくの祝日に私は一人っきりでこんなところでいったい何をしているのかと絶望感が押し寄せてきますが、心を無にして腕立て伏せをしました。

更にこんなに頑張って一人っきりで撮影をしたというのに、撮影した動画にはブンブンと蠅がたかっていやがったのです。

こんな秘境までやってきて狂ったように腕立て伏せをしているのに、結果、完成した動画は、蠅が舞う姿が何とも物悲しい作品に仕上がっていたのです。

こんな切ないことがあるでしょうか。

 

もう撮り直す気力も失せ、帰ることにしました。

 

■また荒れた山道を引き返す絶望感よ。

f:id:enko_hyodo:20200628235200j:plain

 

■山だから涼しいだろうとお思いでしょうが、めちゃくちゃ良い天気で、とてつもなく暑かったです。

f:id:enko_hyodo:20200628235440j:plain

 

汗だくになりながら復路を無心であるいていると、どこからかシクシクと咽び泣くような声が聞こえてきました。

 

・・・・・・!!


・・・GIANTちゃん!

 

■小走りで向かうとそこには、私の帰りを待つ孤独に震えるGIANTちゃんが居たではありませんか。

f:id:enko_hyodo:20200629213620j:plain

 

そして、GIANTと仲良くまた友浦まで戻ってきました。

グダグダで蠅がたかっていましたが、とりあえずは動画も撮れたし、きれいな海にも行けたしまぁまぁの達成感で帰路に就くことにしました。

 

が、あんなに苦労をしてきれいな海岸まで行ったというのに、なんと家から自転車で10分程のところで、しかもちょっと隠れたところにとてもキレイな海岸がありました。

 

「ここでええやないか…」と呆然と5分ほどたたずみました。

f:id:enko_hyodo:20200629000542j:plain

 

徒労という言葉が脳裏に浮かびましたが、もうそこは気づかないフリをするしかありません。

 

まぁ、大島の隠れたスポットを紹介できたということで、地域おこし協力隊としてはOKではないでしょうか。

 

え? そんなことはない?

 

あそう。

 

 ☜☜☜ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね。
地域おこし協力隊ランキング