しまなみ海道 エメリヤーエンコ・ヒョードー ブログ

東京からしまなみ海道の大島に移住しました

脱 コロナ太り ー後編ー


10万円の給付金からもらって、10万円以上の住民税中野区に支払ったヒョードーです。

なんか住民税は、1月1日に切り替わるので、今年の分は引越し前の住所の自治体に払うらしいですね。

引越しした途端に10万円以上の請求が来て、卒倒しました。

やれやれ。

 

で、前回の続きです。
www.wwwhyodo.com

 

コロナもまだまだ不穏な感じですが、とりあえず各ジムが再開し始めたので、私も今治の格闘技ジムに通うことにしました。

ただ問題はですね、ジムが遠いということです。

残念ながら大島には格闘技ジムはないので、橋を渡って今治の陸地部まで行くことになります。

大島からだと、自転車で1時間くらいで、原付バイク(以下、原付)だと45~50分といったところでしょうか。

以前に通っていたグラバカジムまでは、自転車で5分だったことを考えると、12~13倍の時間を要します。

 

しかし!

しかしそれでも私は通うのです。

腕の毛も妙に濃いことだし、男の中の男とは私のような者のことをいうのでしょう。

 

ということで、自転車はキツいので原付で、まずは週に1日を目標に格闘技を再開です。

 

とはいえ、実はですね。

まだ原付で今治の陸地部(以下、今治)まで行ったことがないのです。

なので、まずは予行演習ということで、美容室に行くついで初めて原付で今治まで行ってきました。

 

■地域おこし協力隊で、今治市から貸与してもらっている愛機。

f:id:enko_hyodo:20200623215858j:plain


そもそも原付は10代の遥か昔にちょこっとだけ乗ったことがある程度です。

原付の乗り方をネットで改めて確認し、二段階右折もしっかり勉強し、いざ出発です。

時は来た。
それだけだ。

 

来島海峡大橋に到着。
いつもは右の自転車道ですが、この日は初めて憧れの原付道へ。
おかしな流派みたいですが、ただの道路です。

f:id:enko_hyodo:20200623220132j:plain

 

■以前ブログにも書いた馬島のところに料金所がありました。
いやーいい天気ですね。

f:id:enko_hyodo:20200623220308j:plain

 

■さぁ! ぜひ読み返してみましょう!
きっと幸運が訪れます!

www.wwwhyodo.com

 

■自転車は現在無料ですが、原付は片道200円です。
日曜日で料金所は無人だったのですが、キチンと支払ってやりましたぜ、アニキ。 

f:id:enko_hyodo:20200623220539j:plain

 

原付の制限速度は時速30kmです。

下手をするとロードバイクにも抜かされかねない速度ですが、法律なので遵守しなくてはいけません。

しかし初めてのチャレンジでノリノリで出発したのですが、ロードバイクで30kmほど出すと爽快なのに、原付だとまったく爽快感がないのはなぜなのでしょうか。
不思議。

 

それにしても他の原付からもガンガン抜かされます。

制限速度なんて誰も守らないのでしょうか。

何となくこっちが進路妨害をしているような気になるから不思議。

 

などと思いながらも、なんとか無事に今治の美容室に到着しました。

しかし、美容室に行くだけで今治まで来なきゃいけないのはさすがにちょっと面倒ですね(あ、島にも美容室はありますよ)。

その後、かかりすぎたパーマに若干動揺しつつ、家に帰ろうかと美容室から外に出たらですね。
なんとですね、奥さん。

なんと、が降ってやがるのですよ。


ハァ?

雨ー!?

パニクって叫びそうになりましたが、美容師のおねえさんが出口の外まで見送りに出てきてくれているので、グッとこらえて格好をつけて言ってやりましたよ。

「まぁ、これくらい大したことないので気合で帰りますよ。ハッハッハッ!!」

シビレますね。

まぁ実際のところ、雨はいつ止むかも分からないので雨宿りという選択肢はなく、雨の中を30kmで突っ走ります。

味方は美容師のおねえさんに言った通り、気合だけです。

  

■急遽コンビニでレインコート(上のみ)を購入。
この後、なんと前が見えづらいほどの豪雨となり、レインコートなどほぼ意味をなさなくなります。

f:id:enko_hyodo:20200623223031j:plain

 

しかし、生まれて初めての原付での遠出で土砂降りの雨とは。

これは試練か、それともただの不運か。

 

激雨の中、慣れない原付で突っ走ります。

しかし、いかんせん時速は30kmなので、とてつもなく遅いのです。

天気予報ではから雨が降るということだったので、安心していたのですが、まさかの15時過ぎから豪雨とは。

雨の中行き交う車の水しぶきを顔面に大量に浴びながら大阪弁で呪いの言葉を吐き続けながら走り続けます。

 

するとですね。

不思議な現象が起こったのです。

 

なんとですね。
不思議なことにだんだん楽しくなってきたのです。

これは現実逃避の一種なのでしょうか。

あまりの楽しさに歌を歌いながらノリノリで走ります。

 

土砂降りの驟雨の中、ハイテンションで歌を歌いながらも法定速度を遵守して走る、冷静と情熱の間の中年男とすれ違った女子高生はいったい何を思ったでしょうか。

その心中は察して余りあります。

 

途中ふと我に返りネガティブな感情がニョキニョキと顔を出しかけましたが、気づかないフリをして、更にハイテンションで歌を歌って何とか家に帰り着きました。

やれやれ。 

 

これで今治の格闘技ジムへ行くシミュレーションも完璧ですね。

学んだことは、天気予報は信じるな、です。

 

■これからお世話になるのは、こちらの総合格闘技道場ARMSさんです。
週イチ会員で、6,000円/月。

mma-arms.wixsite.com

 

ということで、いよいよジム初日を迎えました。

この日は19時くらいから出発。

 

■東京より日が長いので、19時を過ぎでもまだ夕焼けです。
こっちは本当に日が長い。
20時前でもまだうっすら明るいのですよ。

f:id:enko_hyodo:20200623223812j:plain

 

この日の昼間は30℃近くあり、とても暑かったので半袖短パンで原付で出かけたのですが、夜はめちゃくちゃ寒く、あっという間に後悔。

シミュレーションはまったく完璧ではありませんでした。

 

帰りは更に寒くなるので、途中ワークマンでロングスパッツを購入。

なんと確か780円くらいでした。
安い。

 

何とか無事に着き、この日は3ヵ月ぶりのグラップリングです。

ところが、ジムの代表の方が気を使っていただいて、
「あのグラバカ16年も通っていたとても強い方ですよー!」
とジム生の方に逐一紹介してくれるのです。

 

お気遣いはとてもありがたいのですが、ハードルがみるみる上がっていきます。

こう見えて小心の私は、そうでなくても初めての人と場所でとてつもなく緊張しているのに
「あっさり一本とられたらどうしよう」
と良からぬプレッシャーに襲われます。

 

更に
「ハァ? そんなの関係ねーよ! こんな初老、オレ様がやっつけてやるぜ!」
などと考える若者もいるかもしれません。

ヒー!
おっかない!


ヤバい!
ヤバい!


焦りでダクダクと汗をかきながらとっておきの作戦を敢行しました。

人生経験が長いと咄嗟に対応ができますね。

 

コホンと軽く咳払いをしてから、ひとり言を装い、
「いやー、3ヵ月もグラップリングをやってないから、もう忘れちゃってるかもなー」
など、ちょびっとだけ大きめの声で言ってやりました。

完璧な作戦です。

48歳という年齢からも私へのハードルはみるみる下がる筈です。

心臓の音がバクバクと響く中、勇気をもって上目遣いでそっと周りを伺います。

 

!!!

なんと驚いたことにもう誰も私の方など見てもいないではありませんか。

もう少し興味持ちなさいよ。
何よもう。

 

とはいえ、結果的にはとても楽しく過ごせました。

3ヵ月前の覚えたてだった技の細かいディテールなんかはすっかり忘れてしまいましたが、昔から使っている技は意外と覚えているものですね。

格闘技はやっぱり楽しいです。

 

ただ、ひとつ問題が。

 

後日、打撃クラスにも出ていい汗をかいたのですが、なんと自分でも驚くほど体力が落ちているのです。

 

なんと3分2ラウンドのミットで、凄まじく疲れてしまったのです。

これはいかんのですが何せ週イチ会員なので、恐らく体力は戻りそうもありません。

これはもう、痩せれませんね。

コロナ時代は、コロナ太りのまま生きていこうと思います。

 

やったことなくてもぜんぜん良いので、誰か大島で一緒に格闘技をしてくれる人いないかなー(大声)。

打撃でもグラップリングでも何なら柔術でも良いので、ご興味ある方がいればぜひご連絡くださいね(切望)。

 

またまた長い文章を最後までお読みいただき感謝です。 

ではまた。