しまなみ海道 エメリヤーエンコ・ヒョードー ブログ

東京からしまなみ海道の大島に移住しました

しまなみ海道伯方島 久しぶりのサイクリング

■私が3ヵ月もサイクリングをしなかった理由について

私が住んでいるのは今治市大島という、その名の通りまぁまぁ大きめの島なのですが、やはり今はしまなみ海道が有名なところです。

かく言う私も大島を知ったのは、しまなみ海道のサイクリングがきっかけです。

ということで、せっかく大島に来たのだから、ロードバイクを買ってサイクリングしまくるぜ!いや、させてください!お願いしますよアニキ!ってことで、総額18万円も使ってGIANTのロードバイクを購入した訳ですよ。

www.wwwhyodo.com

 

が、これがですね、奥さん。
私ね、実はね。
誰にも言わないでくださいよ。
なんと3ヵ月もこのロードバイクに乗っていないのですよ。

 

いや。
ちょっと弁解くらいさせてくださいよ、先輩。

あんね!
夏はね!
マジ暑いんすよ!
とっても!
以上!
終わり!
おやすみ!
いや! まだ寝ないで最後まで読んで!
すみませんでした!

 

ふー。
ということで、夏は1ミリどころか1ナノもロードバイクに乗る気が起きず、運動もしないでブクブクと太ったという次第です。

 

ということで、趣味を訊かれると
「格闘技とサイクリングです♡」
といつも可愛く答える身としては、涼しくなったこの絶好のサイクリングの季節にロードバイクに乗らない訳にはいきません。

 

とはいえ、すっかり体力が落ちた上に体重が激増量した我が身を鑑み、まずは軽く近場の伯方島を回ることにしました。

 

■後ろから迫る呼吸音について

伯方島は大島の隣の島で、しまなみ海道の島々の中では一番小さな島で一周しても恐らく20kmくらいです。

ということで、GIANTちゃんのタイヤに空気を入れ直して、いざ出発です。

まずは、大島を西回りのコースから伯方島を目指すことにします。

夕陽が美しいこのコースは基本海べりの平坦なコースなのですが、島の北側へ行くには田浦峠という激坂を越えなくてはいけません。

峠の坂に差し掛かった途端、あっという間に息が上がります

こんなにも私は体力が落ちていたのかと愕然としながらもハァハァヒーヒーと大量の息を吐きながら意地になって休まずに坂を上り続けます。

話は逸れますが、私が都会でのジョギングが嫌いなのが、この如何にも苦し気な呼吸音を街行く人たちに聞かれるのがイヤなのですよ。

ゼェゼェハァハァ言って走っていると
「コイツ、必死やな!」
「呼吸音www」
とか思われるのが恥ずかしいのですよ。

ですが、島のサイクリングならあまり人とすれ違うことなく思う存分呼吸音を発することができるのです。

イエーイ!
呼吸音バンザーイ!

ということで、少しでも酸素を取り込むべく、凄まじい勢いで呼吸音を発しながら激坂を上っていたのですが、さすがに久しぶりのサイクリングでこの坂は相当キツい。

諦めてロードバイクから降りて押して歩こうかなぁと弱気になりかけた時に我が目を疑うことが起きたのです。

なんと前方に小柄な女性が自転車を押しながら坂を歩いているではありませんか。

もちろん山の中の道なので他に人はいません

その女性の気持ちを考えてみましょう。

何事も人の気持ちを想像することが優しさの第一歩だと思うのですよ、ボクは。

超小柄(恐らく140cmほど)な女性が、ほぼ人も車も通らない峠をとぼとぼと自転車を押しながら歩いていると、後方から必要以上にハァハァと呼吸音と呼ぶのもおこがましいほどの荒い息を発する汗みどろの中年の男がやってくるのです。

こんな恐ろしいことはないでしょう。
私でも分かります。

ということで、この女性の恐怖心を少しでも和らげなくてはなりません。

私に課せられたミッションはこうです。

①出来得る限り呼吸をしないで、半無呼吸状態でこの激坂を上る。

②心臓は既に限界だが、ロードバイクを決して降りてはいけない。決して。

 

貴兄らもぜひ一度チャレンジしていただきたい。

息をほぼ止めて自転車で坂を上がるのです。

特に②は絶対に守らなければなりません。

誰もいない山で、中年男性が自分の近くに来た途端、ロードバイクから降りだしたら一体何事かと思うでしょう。

これは、満員電車では必ず両手を上にあげておくのと同様のリスクヘッジです。

それにしても心臓や脳の血管がドロドロの血で詰まっていなくて良かったです。

もう少しでロードバイク無呼吸死をするところでした。

きっとあの小柄な女性はシュッとした渋いナイスミドルが風のように自転車で追い抜いて行った記憶しか残っていないことでしょう。

ということで、無事に(?)田浦峠を抜け、伯方島を目指します。

やれやれ。

■峠を抜けた大島の北側の海。
目の前に大三島が見えます。
ええ天気や。

f:id:enko_hyodo:20201017230818j:plain

 

伯方島一周

そして、橋を渡って伯方島に到着して、いったん道の駅マリンオアシスはかたにて休憩。

この時はまだダイエットを本格的に開始する前だったので、ご機嫌で自分みやげにみかん風味のわらび餅を購入。

■この後、久しぶりの一大ダイエットプロジェクト発足により、なかなか食べられずに放置されるという不幸を背負うわらび餅ちゃん。
160円也。

f:id:enko_hyodo:20201017231742j:plain

 

引っ越してから何度もこの道の駅には来ていますが、この日が一番賑わっていました。

4月に来たときはコロナで本当に閑散としてたのですよ。

そういえば、4月や5月にも伯方島に来たのですが、この島には開山公園という桜の名所があります。

せっかくなので、その時の写真も載せておきます。
文章の拙さを写真でカバーする作戦ですね。

■愛車と桜。

f:id:enko_hyodo:20201017233626j:plain

■菜の花も咲いております。
それはまぁキレイでした。

f:id:enko_hyodo:20201017233830j:plain

■こちらは5月の開山公園。
ツツジもキレイです。

f:id:enko_hyodo:20201018211826j:plain

■景色もステキです。 

f:id:enko_hyodo:20201018211931j:plain

 

と、半年も前なのに既に懐かしい感じです。

そうか。
島に来てもう半年か。
早いような遅いような不思議な感じ。
とはいえ、初めての体験も多くて、なかなか楽しく過ごせています。

良かった良かった。

今回は開山公園を上るモチベーションはなく(とあるように頂上の公園に行くのはまぁまぁハードなのです)、マイペースで伯方島を回ります。

■途中の休憩所から。
恐らく前方に見えているのは上島町岩城島

f:id:enko_hyodo:20201017233005j:plain

 

あらかた回ったところで、お腹もすいてきたのでランチです。

■今回行ったのは美味しいと評判のお好み焼き屋のたんぽぽさんです。

f:id:enko_hyodo:20201017233950j:plain

■人気店のようで満席だったので、少し待ってから入店できました。
注文したのは広島風のうどん玉お好み焼き。
関西風と広島風どちらも選べます。

f:id:enko_hyodo:20201017234240j:plain

■美味しゅうございました。
次回は関西風を頼みたいと思います。
実は私、大阪人ですしね!

f:id:enko_hyodo:20201017234423j:plain

■大島でも見かける鳥を接写。
まぁまぁデカくて、超恐い。
なんて鳥なんでしょうねぇ。

f:id:enko_hyodo:20201017234624j:plain

 

ということで、サイクリングの季節ですね。

久しぶりにGIANTちゃんに乗れて良かったです。

寒くなったらまた乗らなくなるだろうから、涼しいうちにまた乗りたいと思います。

おやすみなさい。
良い一週間を。

 

★★★ ランキング参加中。よろしければポチッと押してくださいね★★★

 
地域おこし協力隊ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村